HOME > 考え方の問題

発表会や自己紹介などの緊張する場面で覚えておきたいこと

卒論の発表会、皆の前で行う朝礼や自己紹介、取引先との電話。 極度の緊張状態により心が痛むことは、私を含めメンタルが弱い人間にとってよくあることです。 しかし、心がけ一つである程度対策は出来ます。 そこで、この記事ではメンタルの弱い人が、発表会や自己紹介などの緊張する場面で覚えておきたいことを紹介します。 目次 緊張するのは相手に敬意がある証拠 四六時中、失敗したあなたのことを考える人はほとん...

続きを読む

問題を先送りにして、明日からやる勇気を持とう

世間では「明日やろうはバカヤロー」「善は急げ」「先んずれば人を制す」「いつやるか、今でしょ」などと言い、日本人をせっかちにさせています。 本当に今すぐやれば成功するのでしょうか?私はそうは思いません。 急いでやっても失敗することだってあります。 そこでこの記事では、「今すぐやるリスク」と「明日からやるメリット」について紹介します。 目次 「今日やる」、「今すぐやる」がストレスになる 明日か...

続きを読む

ニートや無職を批判する人に必要な3つの考え方

最近はテレビやネットのニュースサイトなどで痛烈なニート批判や無職批判の内容がかなり目立ちます。 そういう内容をうっかり見てしまうと本当に心が痛みます。 誰かを傷つけることで安寧を得るようでは人間失格です。 そこで、この記事では、ニートや無職を批判する人に必要な3つの考え方についてまとめました。 目次 その1:汚い言葉は人から人へ広がっていく その2:この世界に全く役に立たない人間なんていない ...

続きを読む

「死にたい」を治すには考え方を変えればいい

私だけでなく誰でも一度は「死にたい」と思ったことがあるでしょう。 「死にたい」という思いを治すには、根本的な考え方を変えれば良いのです。 今日は、「死にたい」という凹んだ心を治す、新しい考え方を5つ紹介します。 目次 その1:生きているだけで何かの役に立っている その2:命を拾うために何かを捨てる その3:弱い自分に向き合う その4:自殺は身勝手である その5:今起きていることは些細な...

続きを読む

心の弱さを克服する10個の仏教的な考え方

打たれ強い心を手に入れるには、根本となる考え方を変えることが一番重要です。 今日は心の弱さを克服する10個の仏教的な考え方をまとめました。 一語一句、噛み締めて読んでいただければ幸いです。 目次 その1:自分を苦しめる執着をやめる その2:生きているだけで誰かの役に立っている その3:人生は苦である その4:人は自分を映す鏡である その5:自分の全てを受け入れる その6:自分のものは存在...

続きを読む

心の安らぎを得るためのブッダの言葉

自分の心の弱さに関する悩みは万国共通であり、今も昔も変わりません。 この悩みをいかにして解決するか、真剣に考えた人がいます。 ブッダです。インドで仏教のもとをつくった人物です。ゴータマ・シッダールタとも呼ばれています。 ブッダのことばには心の弱さを克服し、安らぎを得るヒントのようなものが沢山散らばっています。 今日は、そのヒントを、仏教を知らない方でもなるべくわかりやすく説明します。 目次 物...

続きを読む

死にたいと思った時、生きるためにする4つのこと

死にたい。そんな絶望的な時にする4つのことをまとめました。 これで思いとどまれば幸いです。 目次 その1:アロマを使用して呼吸を整える その2:現在の状況を整理する その3:負けを認める その4:新しい楽しみを増やす まとめと関連記事 その1:アロマを使用して呼吸を整える まず、死にたいと思っている時は呼吸が満足に出来ておらず、脳に酸素が回っていません。 よって考えが巡らず、ただ...

続きを読む

物事の悩みが絶えない方へ送る3つの言葉

毎日を忙しく生きる現代人にとって、悩みは切っても切れない仲です。 そんな悩みの多い方に送る言葉を3つ用意しました。 あなたの生き方が少しでも楽になれば幸いです。 目次 悩むのは人間らしさ 悩むことは真剣であること 本当に必要なのか考えることで悩みは消える まとめ 悩むのは人間らしさ 人間は悩むことで進化を遂げてきました。 はるか昔、数千年前の世界では、人間は野生の動物と同じように...

続きを読む

プロフィール

HN:おとうふ

おとうふ


豆腐メンタルですが、ネットの片隅に生きる半端者です。
このブログでは、主に艦これやアズレンなどゲームに関する記事を中心に運営しております。

初めての方、お問合わせ、特定の分野に関する記事のリクエスト、詳細なプロフィール、寄付などは こちら から

記事検索

スマホ・携帯で見る

スマホ、携帯で見たい方は、こちらのQRコードを読み取ってください。
QR