HOME > 豆腐メンタル対策実践編 > GAIAのアロマオイル(精油)の効果・目的別に感想や使用感をまとめました

GAIAのアロマオイル(精油)の効果・目的別に感想や使用感をまとめました



こないだ購入したGAIAのエッセンシャルオイルのスターターセット
ようやく10種類全ての精油を使用して香りと効果を確かめたので、感想や使用感などをまとめました。

使用目的別にサブタイトルを分けたので、気になるものだけご覧ください。




男女の関係をよりロマンチックにさせる「イランイラン・エクストラ」


イランイランは「花の中の花」とも言われ、その言葉通り濃厚で甘くて深い香りがします。
イランイランのうっとりする深くて濃厚な香りは、婦人用香水などにも使用されており、不安やパニックを鎮める作用と相手を魅了する催淫効果があるといわれています。

持続性があり、強くて濃厚な香りが特徴的です。
イランイランの香りは好みが分かれる濃厚な香りなので、合わない方はオレンジやレモンなどの爽やかな精油と混ぜて使用すると良いでしょう。

催淫効果があるようで、どうなるかワクワクして使用しましたが、個人的には何も感じませんでした。
それからイランイランの精油をアロマランプに垂らして寝ると、変な夢を見て眠りが浅くなるようなので、就寝前の使用はあまりおすすめしません。


フレッシュな甘い香りで気分もハッピー「オレンジ・スイート」



皆さんおなじみのフレッシュなオレンジの香りです。その爽やかで甘い香りは気分を前向きにして、ストレスを解消させる作用があります。レモンと同じく、香りに持続性がないので、持続性のあるラベンダーやイランイランなどと混ぜて使用すると良いでしょう。

また、光毒性(肌に使用したあと日光に当たると、皮膚がただれる)もあるので取り扱いには十分注意しましょう。他の精油と同じく、瓶を開け閉めした後に手をしっかり洗いましょう。


凹んだ気分を前向きにさせる「ジュニパー・ベリー」



松のような木の香りが漂うのが特徴的なジュニパー・ベリー。ベリーと言いますが、果実のフレッシュで甘い香りはせず、木材の香りがします。同じ樹木系の精油であるティートリーと香りが似ていますが、こちらのほうがやや香りが弱いです。木の香りがするこの精油には、凹んだ気分を前向きにさせる効果があります。

香りの持続性はあまりありません。ゼラニウムやローズマリー、オレンジなどと組み合わせの相性が良いです。


華やかで可憐な「ゼラニウム」


ゼラニウムは、華やかで可憐な香りの精油です。
ローズと同じ芳香成分を多く含み、香りもローズに似ていることから、別名ローズゼラニウムとも言われています。
このローズに似た香りは、沈んだ気分を元気づける効果や女性特有の問題(生理痛や更年期障害など)を改善させる効果があります。

香りの持続性は良く、香りの強さも強めなので、ゼラニウム単一の使用でも十分楽しめます。
イランイランと組み合わせることで、よりロマンチックな気分になります。


森林浴を楽しむなら「ティートリー」


ティートリーはオーストラリア原産の香りの強い植物を原料として作られた精油です。まるで森のなかにいるようなスーッとするクールな強い香りは、傷ついたメンタルを修復する効果があります。また、この精油には強い抗菌力があり、近年ではインフルエンザや花粉症対策などとして注目されています。

香りの持続性はあまりないので、ユーカリやオレンジ、ラベンダーなどと組み合わせると良いでしょう。
ラベンダーと組み合わせることで、よりメンタルを修復する効果を高めることができます。

スーッとする清涼感のある「ペパーミント」



ペパーミントはおなじみのミントガムやマウスウォッシュ液などの清涼感のある香りに近いです。
ペパーミントの爽やかで強い香りは、興奮や乗り物酔いを鎮める作用があります。

ユーカリと同じような香りですが、ユーカリと違ってペパーミントは鼻につくような香りはありません。
香りの持続性はユーカリよりも長いです。

ペパーミントの精油は、開封すると清涼感のある香りが徐々に失われていくので、早めに使い切りましょう


集中力を高める涼しげな「ユーカリ・グロブルス」


91.jpg


コアラの主食として知られるユーカリの精油です。ユーカリはペパーミントと同様に清涼感のある香りがします。

ペパーミントと違うのは、スーッとする涼しげな香りだけでなく、ツーンと鼻につくような香りもするところです。その清涼感のある香りから、集中力を高めたり、イライラを鎮めたりする効果があります。香りは強めですが、それほど長持ちしないので、他の精油と混ぜて使用すると良いでしょう。相性の良い精油は、ラベンダーやレモンなどです。

個人的にはただ清涼感を得たいなら、ユーカリの香りは刺激がやや強いので、ペパーミントを使用するほうが良いかと思います。


傷ついたメンタルを癒すアロマの王様「ラベンダー・トゥルー」


アロマの定番、ラベンダーの香りの精油です。イライラや不安などの不快な感情を包み込むような柔らかな香りは、心を落ち着かせ緩やかな眠りへ導きます。ラベンダーは不眠や抗うつなど精神面に効果があります。

香りは長続きしますが、好き嫌いが分かれる強い香りでもあるので、初心者の方はレモンやオレンジなどの普段嗅ぎ慣れた香りと混ぜて使用するほうが良いでしょう。

個人的には、メンタルが不調な時はすぐにこのラベンダーの精油を使用して香りを楽しみます。寝る前にアロマランプにラベンダーの精油を垂らして眠ると快眠できます。


はじけるようなフレッシュな「レモン」



レモンを絞った時に汁がはじけるような爽やかな香りがします。
レモンはイライラや動揺を鎮めて心を穏やかにする効果、集中力を高めて意識を鮮明にする効果があります。

香りはレモン特有の酸味のある鋭くて強い香りです。
オレンジと同様に香りの持続性はあまりないので、長持ちする他の香り(イランイラン、ラベンダーなど)と混ぜて使用することをおすすめします。
オレンジと同様に光毒性があるので肌への使用後は直射日光に当たらないようにしましょう。

集中力を高めるツーンとした「ローズマリー」


ローズマリーはハーブの一種でツーンとした香りが広がります。その刺激的で鋭い香りは脳に刺激を与え、眠気を覚まし、集中力を高める効果があります。

ローズという名ですが、バラのようなフローラルで柔らかな香りではありません。あくまでもローズマリーはシソ科のハーブの一種なので、ややシャープな香りです。シソの葉に似たような香りがします。
香りの持続性はあまりないので、ローズマリーと同じハーブ類で持続性のあるペパーミントなどと合わせて使用することをおすすめします。


このセットの感想







樹木系のジュニパー・ベリーとティートリー以外は全て気に入りました。
とくにフローラル系のイランイランとゼラニウムとラベンダー、それからユーカリは気に入りました。
オレンジやレモンなどを除いて、ほとんどは実際に嗅いで見ないとわからない匂いなので、約2000円という安価で10種類いっきに試せるのはややお買い得かと思います。


ちなみに精油以外の付属物はスポイトがひとつと、試香紙が10枚ぐらい入っています。
このセットの精油の瓶にはドロッパーがついていないので、スポイトを使用して精油を抽出します。
付属のスポイトはひとつだけで、Amazonのレビューによると壊れていることもあるそうなので、予め100均でスポイトを10本分購入するほうが良いです。

アロマ (1)

文具コーナーの絵の具や習字道具の近くにおいてあります。5本入りで税込み108円です。
こんな風に精油の名前を書いたラベルを貼っておき、使い分けることで精油が混ざらなくて済みます。


それから、私はこんな感じのコンセント接続式の電気アロマランプを使用しております。



上部の受け皿に水を入れ、その上にスポイトで抽出した精油を数滴垂らして使用します。
ランプに暖められた精油が徐々に揮発していき、部屋中に精油の香りが広がります。
もちろんアロマランプを購入しなくても、ティッシュや木綿のハンカチなどに垂らしても精油の香りは楽しめます


心を癒やす、アロマの組み合わせをこちらの記事で考えてみました。

関連記事

シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事