HOME > 雑記 > パソコン椅子がギコギコうるさいのでKURE5-56挿したら直った

パソコン椅子がギコギコうるさいのでKURE5-56挿したら直った

パソコン用の椅子がギコギコうるさいのでなんとかしようとググったら、油を挿せばいいとのこと。
せっかくなのでブログの記事にしてまとめました。
 



問題の椅子


ニトリで購入したパソコンチェアがギコギコうるさい

問題の椅子がこちら、パソコン用チェアです。三年前にニトリで購入したものです。
前からギコギコ音がなっていましたが、ここ最近は更にうるさく感じてきたのでなんとかすることにしました。
椅子を買い換えるのもお金がかかるので、まずネットで調べてみることに。


ネジを締めて、油を挿すだけ


可動部分に油を挿せばOK

グーグル先生によると、椅子の可動部分に油が足りなくなっており、その金属の部分が接触して動くことで不快なギコギコ音がするとのこと。
また、経年劣化によるネジの緩みも原因の一つだと言われています。

まずはネジの緩みはレンチを使ってしっかりネジを締めました。
ニトリのイスは特殊な作りになっているのか、ネジの向きは全部右回しではない模様。
悪戦苦闘しながらネジを全部しっかり締めていきます。

それでもギコギコうるさいので今度は可動部分に油を挿すことに。
そこで登場するのがかなりボロボロになったKURE5-56。

KURE5-56でギコギコ音を解消させる  

まず可動部分に油を挿します。
可動部分全体に油をなじませるために椅子を動かします。
そしてまた油を挿します。動かします。

しばらく可動部分を動かして、油をなじませていると、ギコギコ言わなくなりました。
それどころか、ネジもしっかり締めたので、ガタガタ感もなくなり安定するようになりました。


ドアの蝶番にも挿してみた


2018年1月6日追記。

年末の大掃除で、バタバタと部屋を出入りしていると、ドアの蝶番のキコキコ音がとても気になったので、KURE5-56を挿すことにしました。

蝶番をよく見てみると、可動部分にサビがこびりついています。

サビ取り前 

ここにKURE5-56を挿してティッシュで拭き取ると、ものすごい量のサビが取れました。
ふきんでやっていたら、処分しないといけないレベルです。

サビ取りに使ったティッシュ 

ティッシュでサビを拭き取ったあと、しっかりドアを開け閉めして動かし続けたら、キコキコ音も無くなりました。
蝶番のサビがキレイに取り除かれました。

サビ取り後 

ただ、今度はドアが軽くなり過ぎで、開け閉めした時のガチャンバタン音が大きくなってしまいました。
ドア用のスポンジを噛ませて消音にさせようと思います。


KURE5-56万能説


KURE5-56は万能で何にでも使えるんじゃないかなと思います。

例えば
  • 鍵穴にカギが刺さりにくくなったら、鍵穴にKURE5-56
  • 自転車のチェーンが上手く回らなくなったらチェーンにKURE5-56
  • ドアの蝶番がうるさくなったら蝶番にKURE5-56

むしろKURE5-56で解決できない問題はあるのかと思いますね。
それぐらい今回の椅子の件は感動的でした。
おかげで新しい椅子を買うお金も浮きました。



2018年1月21日追記

今度は、ボロボロになった座面を、パッチを当てることで修理してみました。
パッチのシールを剥がして貼るだけなので、簡単でした。

関連記事

スポンサーリンク
シェアする
関連コンテンツ
関連記事

プロフィール

HN:おとうふ

おとうふ


豆腐メンタルですが、ネットの片隅に生きる半端者です。
このブログでは、主に艦これやアズレンなどゲームに関する記事を中心に運営しております。

初めての方、特定の分野に関する記事のリクエスト、詳細なプロフィールなどはこちらから

記事検索

スマホ・携帯で見る

スマホ、携帯で見たい方は、こちらのQRコードを読み取ってください。
QR