HOME > 艦これ・軍事 > アイオワ提督から見た長門改二の実装について

アイオワ提督から見た長門改二の実装について



長門改二



長門改二、遂に実装されましたね!!

全国の長門提督の皆さん、おめでとうございます!!

私はアイオワ提督ですが、強い戦艦の実装は誰でも歓迎します。(もちろんアイオワなら超大歓迎)

そこで、今日はそのアイオワ提督の私から見た長門改二の実装について、感じたことをまとめてみました。

(とは言っても、まだ改装設計図が足りないので長門改二に改造できていません)








アイオワ改と長門改二の性能比較を見た感想




火力3位取られたあああああああ!!!!!!!

ぎゃああああああああああああ!!!!!


一番驚いたのが、長門改二の火力ですね。

その値、なんと118!!

アイオワ改の火力115を上回り、戦艦火力ランキング3位を奪取。


しかも装甲もアイオワ改の107より3高い110!!

これも大和型に続いて長門改二が3位になりました。


アイオワ提督としては火力と装甲の3位を取られたのはかなりショッキングでした。

しかし長門は連合艦隊の旗艦でしたし、改二となればこれぐらいの性能になるのもうなずける気もします。

むしろ、長門改二とアイオワ改の性能がほぼ同じなのがアイオワのヤバさをさらに際立てているんじゃないでしょうか。

もしアイオワに改二が実装されたら大変なことになるでしょうね。

アイオワの初期改造レベルが50なのも、意味深な何かを感じざるを得ません。



長門改二は戦艦なのに内火艇や大発を装備可能なので、陸上のボス戦で活躍しそうですね。

陸上ボスが出る海域で駆逐艦を引き連れて、艦砲射撃からの上陸を指揮している長門改二の想像が楽しい。


デフォルトで低速とは言え、最速化もできるそうです。

つまり、島風やアイオワと並走どころか追い抜くことも出来るわけですね。



長門改二が実装されたことによるメリット




長門改二の実装によりアイオワ難民の救済が出来たのではないかと思います。

あの春イベは厳しい戦いでしたからねえ。

アイオワ改とほぼ同性能の長門改二により、アイオワを持っていなくても、イベントで戦果を上げることが出来るでしょう。


しかも長門改二は大発や内火艇を装備できます。

戦艦なのに大発や内火艇を装備できるので、陸上ボス海域(6-4など)で活躍できます。

大発装備可能な駆逐艦の頭数が少ない提督にも嬉しいでしょう。




アイオワ改と長門改二の使い分け





長門改二はアイオワよりも火力と装甲が高いです。

更に51cm砲も装備できるので火力はぶっちぎりで長門改二に軍配が上がります。

内火艇の装備も出来るので陸上戦での活躍が期待できるでしょう。



しかし、アイオワ改の強みは命中率の高いアイオワ砲がフィットすることにあります。

アイオワ改の良さは、火力と命中率を両立しているところです。

狙った獲物を逃さず、確実に仕留めます。



そういったところで使い分けが出来るのではないでしょうか。


圧倒的な火力の高さと内火艇の装備により、陸上ボスへ大ダメージを与えることが出来る長門改二。

狙った獲物を逃さず、時にはダイソンすら一瞬で葬り、ベストな状態で夜戦に持ち込むことが出来るアイオワ改。


今後のイベントでこの使い分けが要求されるでしょう。



シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事