HOME > 豆腐メンタル対策実践編 > 昼寝をやめるためにはどうしたらいいか考えてみた

昼寝をやめるためにはどうしたらいいか考えてみた


昼寝をやめる方法.jpg


春眠暁を覚えず、とはちょっと意味が違いますが、最近は日中眠くて眠くて仕方がありません。
朝起きて、目覚めが悪く、すぐに二度寝することも多々あり、ひどいときには日中6時間ぐらい眠ってしまったこともあります。

長いようで短い人生、無駄に寝過ごして時間を浪費してしまわないためにも、
昼寝をやめるにはどうしたらいいか考えてみました






エナジードリンクを飲む



眠気対策で一番効果的です。
眠気が吹っ飛ぶどころか、フルスロットルで力がみなぎります。ガソリンを飲んでいるようです。
ただし、まとめ買いをしても一本あたり160円以上するなど、毎日飲むと出費がかさみます。
おすすめはMONSTERエナジードリンクです。
少し薬品っぽい味がして飲みにくいですが、眠気を冷ます効果は絶大です。

ただ、砂糖が大量に含まれているので、どうしても眠い時だけに飲むようにしましょう。
砂糖(ブドウ糖)は脳に栄養を与え、活動的にさせますが、一日に何本も飲んでいると、糖尿病やカフェイン中毒のリスクが上がります。




水を飲む




水を飲むことで、内臓の動きが活発になり、交感神経が高まります。
冷たい水であれば、血圧が上がり、より目が冷めます。
ただ、あまり冷やしすぎた飲み物を飲むと内臓が冷えてしまうので、お腹を下して下痢になることもあります。
胃腸が弱い方は、常温の水でも十分です。

人間の大部分は水分でできており、そのうちの数パーセントがなくなるだけでも脳のパフォーマンスは著しく低下します。
適度な水分補給により、眠気を飛ばし脳を動かしましょう。



外に出かける



体を動かして脳に血液と酸素を取り込むことで交感神経が高まり、目が覚めます。
外に出かけて、太陽の光を浴びることで体内時計が正常化されます。
外に出かけると、もちろん人もいるので、家の中にいるよりも少しだけ緊張もします。


どうしても外に出かけることが出来ない場合は、窓を開けて換気をしましょう。
外よりも家の中は酸素濃度が低いので、長時間家に滞在していると、頭の活動が鈍り、眠くなってしまいます。
眠気を飛ばし、作業効率を上げるためにも、3時間に一回ぐらいは換気をして、新鮮な空気を部屋に取り込みましょう。
出来れば、換気をした際に、軽いストレッチやスクワットをするなどして体を動かしましょう
体を動かすことで血液と酸素が体を巡ります。


ゲームをする



運動をしたり、外に出かけるのも億劫だと思うなら、短時間だけゲームをしましょう。
少なくとも昼寝を長時間して、自律神経を乱すよりは健康的です。

おすすめなのが、スリルを伴うゲーム。
FPSやアクションゲームなどは血圧を上げ、交感神経を高め、目を覚まします。
スリルは脳内のドーパミンを増やし、快楽とやる気を生み出します。

しかし、それと同時にこれらのゲームは依存性がある上に、目で見て反射的に手を動かす作業を繰り返すと前頭前野が衰え、キレやすい性格になってしまいます。
ある程度目が覚めたら、ゲームのプレイを止めて作業に戻りましょう。


また、多少なりとも、ゲームのプレイで自殺の予防に効果があるのではないかと考えています。
こちらにその根拠をまとめています。
関連記事

アロマテラピーを使用する


アロマテラピーで意識をクリアにさせる.jpg
 


アロマテラピーはリラックスさせ、眠りに導くためだけのものではありません。
中には刺激的な香りやクールな香りもあります。
おすすめなのが、ペパーミントやユーカリ、レモンなどのクールで刺激的な香りです。

これらの香りは、鼻詰まりを緩和させ、呼吸を促し、脳に酸素を送り込むことが出来ます。
脳に酸素を送り込むことで、意識をクリアにさせ眠気を飛ばすことが出来ます。


アロマテラピーの使用感をまとめたものがあります。こちらをご覧ください。
関連記事

足つぼマッサージを踏む



足つぼマッサージを踏んで血行を良くすることにより、脳に血液と酸素が行き届き、目が覚めます。
足つぼマッサージ自体も安価(500円以下)で何回でも使いまわせるのでコストパフォーマンスは良いです。
自分の体重をかけて足のつぼを押すので、眠くて力が出ないときでも使えます。
座りっぱなしの状態でも使えるので、デスクで作業中でも使えます。

足つぼマッサージは慣れていないと、痛みが伴うので無理をせず、少しづつ力をくわえて踏みましょう。




数分だけ寝る



どうしても眠くて仕方がない時は、堪忍して眠りましょう。
椅子に座った状態で目を閉じ10分だけ寝ましょう。
ベッドで横になると深く眠ってしまうのでおすすめしません。

10分経ったら、起きて顔を洗いましょう。
顔を洗う時に冷たい水を使うことで、一気に交感神経を高めることができます。
予め寝る前に、てきとうなペットボトルに水道水を入れて、冷凍庫で冷やしておくと良いです。



シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事