HOME > ブログ開発・収入 > 【月収6万超え】ブロガーがShinobiライティングをやってみた結果

【月収6万超え】ブロガーがShinobiライティングをやってみた結果

92.jpg 

実はこの1ヶ月、Shinobiライティングで記事を書く活動をしていました。
熱心に活動したおかげか、ライティングによって稼いだ額はこれまでアンケートサイトで稼いだ額を遥かに超えています。

この記事では、Shinobiライティングを利用した結果と感想、そしてメリットとデメリットについてまとめました。



1ヶ月間Shinobiライティングで活動した結果と感想

Shinobiの収入

2018年3月に稼いだ額はなんと、60861円です。(※1ポイント0.5円)

まず、6万円以上も稼げたのがびっくりですね。このブログを読んでくれている方であればおわかりかと思われますが、私には文章力はありません。あるのはタイピングの速度ぐらいです。
とはいえ、今月はShinobiライティングでかなり活動したので、ブログ運営がおろそかになってしまいました。

今後はブログ運営とライティングの仕事との両立が課題になってくるでしょう。
よって両立を計るためにもアンケートサイトでの活動は一部を除いて全て打ち切ることにします。ライティングではアンケートサイトの6倍は余裕で稼げてしまうので、非常に効率が悪いからです。

某氏が「まだポイントサイトで消耗しているの?」と言っていましたが、まさにそれですね。
ライティングであれば、普通のアルバイトと同じかそれ以上の時給で稼ぐことも可能です。
こないだは1記事700円の案件を1時間で3記事連続投稿したので、一時的に時給2100円にもなりましたし。
もはや、ライティングはネットで稼ぐには必須とも言えるでしょう。
ちまちまポイントサイトやアンケートサイトをやったり、いつ来るか分からないアフィリエイト収入を待ったりするよりは自分でライティングの仕事をしたほうが圧倒的に効率的だと思います。


Shinobiライティングのメリット

文章力よりも必要なのはタイピングの速さ.jpg 

Shinobiライティングでライティングをするメリットは以下の通りです。

文章力がなくても問題ない


Shinobiライティングでは文章力がなくても、問題ありません。
誤字脱字が無く、コピペでもないオリジナルの文章であれば、たいてい採用されます。
Shinobiライティングには投稿前に自動で誤字チェックしてくれる機能があるので、誤字を見落としてそのまま投稿してしまい、不採用になってしまうことを防げます。
他のライティングサイトも一応やってきましたが、自動で誤字チェックしてくれる機能は備わっていないことが多いので、Shinobiの方が採用率は高いと言えるでしょう。


審査が早い


他のライティングサイトよりもShinobiの記事の審査はとてもスピーディーです。
たいていの記事は、投稿して数分後にはあっさり採用してくれます。
他のサイトと違って記事の審査に1週間以上も待たされることがないので、ライティングのモチベーションも維持できるのです。


アフィリエイトやアンケートサイトよりも稼げる


普通にやっていて時給が1000円を超えることもShinobiライティングではよくあることなので、アンケートサイトやアフィリエイトよりも稼げます。
アンケートサイトでは頑張って時給500円がやっとというレベルですし、ポイントサイトの広告クリックなどではなおさら稼げないでしょう。
アフィリエイトも初心者のうちであれば、収入は期待できませんしね。


本人のスキル次第でアルバイトの時給超えも可能


本人のスキル次第では、普通のアルバイトよりも稼ぐことも可能です。
私はタイピングの速度はそれほど速くなく、1秒間に5キーから6キーぐらいです。
それで時給1000円以上余裕で稼げているので、タイピングが速い人であれば普通にアルバイトの時給を超えます。

さらにShinobiライティングでは特定の時間にまとめて投稿すると、最大15パーセントのボーナスポイントが付与されます。
15パーセントなので10000円稼いだら、最大で1500円もボーナスがつくのです。これほど嬉しいものはありません。
私は今月約6万円分のポイントを稼いだので、最大で約9000円のボーナスが来月に付与される予定です。
これで実質ほぼ7万円ですね。

しかもライティングでは記事さえ投稿できれば片手間でなにかをやっていても問題ないので、とても気が楽です。(お菓子食べながらでもライティングはできますし。)
普通のアルバイトでは真剣に勤務しなければならないので疲れます。接客のアルバイトであれば、なおさらメンタルもすり減りますしね。

私のような豆腐メンタルな人間にしてみれば、ライティングの仕事はとても都合が良いものなのです。
アニメ見ながらお菓子食べながら仕事してもOKで、対人ストレスがゼロ、その上時給1000円以上の仕事なんて、リアルの世界にはどこにも存在しないでしょうね。


Shinobiライティングのデメリット

効率的なライティングには設備投資が必要.jpg 

メリットがあればもちろんデメリットもあります。
デメリットは以下の通りです

案件の供給が不安定ですぐになくなる


案件の供給が不安定な上に、案件が供給されてもすぐに消費されてしまいます。
おそらく、Shinobiライティングをやっているライターが多いのでしょうね。

これまでやってわかっていることは、休日にはあまり案件が供給されないことぐらいですね。
昼間に案件が来なくても、ゲリラ的に夕方から一気に来ることもあるので、気が抜けません。
案件が来ているかどうか監視するために、働いていない拘束時間が長引くのでどうにかしたいところです。


環境が整っていないと稼げない


Shinobiライティングでアルバイトの時給を超えるためには、環境が整っていないといけません。

まず、パソコンのマルチディスプレイ環境です。
案件によっては参考URLのページを見ながら記事を書く必要があります。
モニターがひとつだけだと、ウィンドウを切り替える必要があるので手間です。
マルチディスプレイ環境が整っていれば、参考サイトを見ながらライティングできるので効率よく稼げるでしょう。

それから、パンタグラフ式のキーボードも必要です。
メンブレンタイプのキーボードだと、キーのストロークが深いので、指が疲れやすく長時間のライティングには向いていません。
パンタグラフ式であれば、キーのストロークが浅い分、素早いタッチができるだけでなく、指の力も必要ないので長時間ライティングすることができます。

そして、タイピングの速さも重要になります。
だいたい1秒間に5キーから6キーぐらい打てるようになれば、時給1000円を超えるようになるでしょう。
タイピングの遅い方は、事前にしっかり練習しなければなりません。
もっともShinobiの案件を数多くこなしていけば自然に速くなっていきますが。
少なくともブラインドタッチができるようになれば良いでしょう。

これらの環境を整えた上で、効率よく案件をこなしていくことで、ようやく稼げるようになります。


不採用になると無駄働きになってしまう


Shinobiライティングで報酬を受け取るためには、審査に採用されなければなりません。
投稿した記事が審査に採用されて、はじめて報酬を受け取ることができるのです。
そのため、投稿した記事が不採用になってしまっては無駄働きになってしまいます。

だから、不採用になりそうな案件は避けることが望ましいでしょう。
要求するキーワードが多い案件や、ほかよりも極端に報酬が高い案件、審査に時間がかかる案件などは注意が必要です。
これらを真面目にやったとしても不採用になるリスクもあるので、割に合いません。スルーしましょう。


まとめ


今月の活動で、Shinobiでどれだけ稼げるのかが大体わかってきました。
Shinobiのポテンシャルは普通のアルバイトを超えています。
今後も活動を続けようと考えていますが、ブログ運営との両立も課題になってきます。さらには確定申告の問題もありますし。

なんにせよ、これでネット収入は大幅に上昇したので、しばらくはお金で困ることはないでしょう。
ライティング様様ですね。

スポンサーリンク
シェアする
関連コンテンツ
関連記事

プロフィール

HN:おとうふ

おとうふ


豆腐メンタルですが、ネットの片隅に生きる半端者です。
このブログでは、主に艦これやアズレンなどゲームに関する記事を中心に運営しております。

初めての方、特定の分野に関する記事のリクエスト、詳細なプロフィールなどはこちらから

記事検索

スマホ・携帯で見る

スマホ、携帯で見たい方は、こちらのQRコードを読み取ってください。
QR