HOME > 艦これ・軍事 > 【艦これ】新編「四航戦」、全力出撃!の攻略【12cm30連装噴進砲改二】

【艦これ】新編「四航戦」、全力出撃!の攻略【12cm30連装噴進砲改二】

『新編「四航戦」、全力出撃!』は、新装備の12cm30連装噴進砲改二が手に入る任務です。
1-6ゴール、2-5、3-5、4-5のボスでA勝利以上を取る必要があります。
やや面倒くさそうな任務ですが、対空と制空を重視して編成すれば、ほぼストレートで、1時間ぐらいでクリアできました。




1-6の攻略


編成は以下のとおりです。

新編「四航戦」、全力出撃の1-6編成

CHKMLIDNの一番遠回りのルートを通ります。
遠回りですが、この編成による安定性は、他のルートとは段違いです。
いつものことですが、今回も私のポリシーに従って、どこのマスでも制空権確保できるように編成しました。
この編成で、特に苦もなく、一発ストレートでゴールしました。

まず、航空戦艦の伊勢改と日向改。道中の空襲マスを通るので、アイオワ砲で火力と命中を維持しつつ、90mm単装高角砲で対空を強化しています。制空値を稼ぐために、水上戦闘機を2つずつ装備させています。

大淀改の装備も、主砲と高角砲を同時に装備することで、空襲マスに備えています。弾着カットインにより、敵駆逐艦を倒してもらいます。

駆逐艦はもちろん秋月型防空駆逐艦を採用します。装備が★+4までしか改修できていませんが、1-6を攻略するのであれば、これで十分です。

自由枠には、搭載機数の多い軽空母2隻を採用。対空+11相当の艦戦6つを使用して、制空権確保に貢献します。

この編成は、航空戦艦2隻を使用しているので、クォータリー任務である『強行輸送艦隊、抜錨!』の兼任攻略も可能です。
前に自分で書いた記事の編成を参考に、この編成を作りました。

関連記事

2-5の攻略


編成は以下のとおりです。

新編「四航戦」、全力出撃の2-5編成

2-5の上ルートを通ります。
敵空母は出てこないので、対空よりも夜戦の特化を重視しています。

伊勢改と日向改は、重巡などよりも夜戦火力が低いので、火力と命中を両立できる、アイオワ砲とガングート砲をそれぞれ1つずつ装備させています。アイオワ砲はフィットしません(※ペナルティもありません)がガングート砲はフィットします。
弾着観測射撃を狙うために、徹甲弾と晴嵐を装備しています。晴嵐は、接触はできませんが、弾着観測射撃の水偵代わりとして利用できるのでオススメです。開幕航空攻撃もできますしね。晴嵐を持ってない方は瑞雲で代用しましょう。

大淀改は改修した阿賀野砲により、命中を重視しています。念のために夜偵を装備しています。この海域では、艦隊に2つのドラム缶を装備させることで上ルートになるので、ドラム缶を装備させています。

駆逐艦は、夜戦に強い長波改二を採用しました。索敵も稼ぐ必要があるので、装備は電探夜戦仕様にしています。長波改二を旗艦におくことで、昼戦での大破撤退率を下げると同時に、夜戦時に命中率の高い電探夜戦攻撃で一気に倒してしまおうという作戦です。

自由枠には、航空巡洋艦である鈴谷改二と熊野改二を採用しました。晴嵐で開幕航空攻撃の威力を上げつつ、3号砲で命中と火力を両立しています。紫雲で索敵を稼いでいます。

この海域では索敵が厳しいですが、提督レベル111の私は、この索敵装備で難なくボスに到達できました。
夜戦マスでの大破撤退が気になりますが、運が良かったのか、今回は一発ストレートでクリアしました。



3-5の攻略


編成は以下のとおりです。

新編「四航戦」、全力出撃の3-5編成

まず、了承してもらいたいことがあります。
この海域で、航戦2軽巡1駆逐1自由枠2の編成で制空権確保を狙うと、無理ゲーになります。
自由枠に空母を1隻入れると、AからDに逸れてBEFと行くので、戦闘回数が増えた上で、ほっぽちゃんマスを通ります。(※空母2隻ではボスにすら到達できない)
無理して制空権確保を狙うと火力も下がり、突破しにくくなるので、大変不本意ではありますが、今回は制空権確保をあきらめます。
狙うは制空拮抗で、対空装備をガン積みにして、敵の航空攻撃の被害を最小限にすることです。

伊勢改、日向改は主砲と高角砲を装備して、敵の航空攻撃に備えます。三式弾はほっぽちゃん対策です。アイオワ砲が足りないので、リシュリュー砲を使用しています。2-5と違って昼戦が中心なので、命中よりも火力の高いリシュリュー砲を選びました。

大淀改も主砲と高角砲を装備しています。ただし、対空カットインの邪魔にならないように電探は32号電探を装備させています。紫雲を装備させ、弾着観測射撃とボス手前の索敵を兼ねています。

駆逐艦はもちろん秋月型。対空装備を改修しています。

自由枠は鈴谷改二と大和改を採用しました。鈴谷改二と大和改の両方に三式弾を装備させ、ほっぽちゃんマスでの被害を減らしています。対空値が高いので、武蔵改よりは大和改のほうが良いでしょう。それぞれに水上戦闘機を装備させ、少しでも制空拮抗に持ち込めるようにしています。
大和改の代わりに対空の高いアイオワを採用しようか迷いましたが、アイオワは水上戦闘機を積めないので、却下しました。長く苦しい戦闘を強いられるので対空だけでなく、水上戦闘機も積めて、なおかつ防御力もそれなりに高い大和改のほうが良いでしょう。

空母を含めた編成で大破撤退し、この編成に組み直して1発ストレートでクリアしました。
結果的に編成組み直してストレートでしたが、今回の任務の4つの海域の中で、この海域が一番しんどかったです。
私にとって制空権が取れないことが、とてつもなくストレスでした。


4-5の攻略


編成は以下のとおりです。

新編「四航戦」、全力出撃の4-5編成

最後の海域です。これをクリアすれば12cm30連装噴進砲改二が手に入ります。頑張りましょう。

伊勢改と日向改はさっきの3-5の装備とほとんど同じです。ただ大和改に装備させていたアイオワ砲を外して装備させています。
大淀改、秋月改、鈴谷改二もさっきと同じ装備です。

残った自由枠には翔鶴改二甲を採用しました。橘花改を装備させることで、対空と攻撃の両立を図っています。岩本隊の改修が中途半端ですが、あまり気にしないでください。

この編成では、理論上はボスマスでも制空権確保できます。
ただし、実際にやってみると、ボスマスでは航空優勢になってしまいました。道中のツ級で、翔鶴に装備させた橘花改が消耗したからです。
制空権確保するには、橘花改を最少スロットに搭載するか、もっと対空値の高い艦戦を用意する必要がありますが、今回は航空優勢でも問題なく2回目でクリアできました。
これからも艦戦の強化を視野に入れて活動していきたいところです。
ちなみに私の体感ですが、4-5よりは3-5のほうが難しく感じました。


報酬について

報酬の12cm30連装噴進砲改二

報酬は以下のとおりです。

  • 燃料:400
  • 弾薬:400
  • 鋼材:400
  • ボーキ:400
  • 12cm30連装噴進砲改二:1個
  • 開発資材6個または戦闘詳報1個の選択報酬

これで念願の(?)12cm30連装噴進砲改二を手に入れることができました。
選択報酬は戦闘詳報を選択したほうが良いでしょう。開発資材6個なんてすぐに集まりますし。


まとめ


この任務は4つの海域を攻略する必要があり、面倒くさく感じるかもしれません。
しかし、今回は1時間ほどのプレイで、ほぼストレートで攻略できたので、それほど難しくて時間がかかるわけでもなさそうです。
やはり、これまで通り対空と制空を重視して攻略したことが、安定したストレートクリアに繋がったのではないかと思います。
少しでも時間がある方は、是非この編成で短時間クリアしておきたいところですね。

難易度的には
かんたん<1-6≦2-5≦4-5<3-5<難しい
といった感じでしょうか。ほっぽちゃんマスが厳しいので、3-5は運が悪いと試行回数を重ねる必要があるかもしれません。

今回の報酬により12cm30連装噴進砲改二が手に入りました。
これでますます対空を強化できます。
次のイベントで、12cm30連装噴進砲改二がどれだけの活躍ができるか、とても楽しみです。

関連記事

スポンサーリンク
シェアする
関連コンテンツ
関連記事

プロフィール

HN:おとうふ

おとうふ


豆腐メンタルですが、ネットの片隅に生きる半端者です。
このブログでは、主に艦これやアズレンなどゲームに関する記事を中心に運営しております。

初めての方、お問合わせ、特定の分野に関する記事のリクエスト、詳細なプロフィール、寄付などは こちら から

記事検索

スマホ・携帯で見る

スマホ、携帯で見たい方は、こちらのQRコードを読み取ってください。
QR