HOME > 艦これ・軍事 > 【対空噴進弾幕】艦これ2018年2月5日メンテ感想

【対空噴進弾幕】艦これ2018年2月5日メンテ感想

2018年冬の母港

このメンテで開幕航空攻撃を防空する際に新システムである、対空噴進弾幕が実装されました。
対空噴進弾幕を発動するための条件、有効性について考えたこともまとめました。




対空噴進弾幕の実装

対空噴進弾幕により、さらなる防空効果.jpg 

航空戦艦、航空母艦、水上機母艦、航空巡洋艦に、12cm30連装噴進砲改二を装備させることにより、対空噴進弾幕が発動します。
対空噴進弾幕が発動した艦は、開幕航空攻撃を無力化できます。
つまり、対空噴進弾幕が発動した艦は空襲マスを無傷で通過できるということです。
これまでの対空装備は、装備1つで艦隊全体を防空するのがセオリーでしたが、ここに来て単艦だけ無傷を保証するシステムの登場です。

特定の艦がボスに特効があり、なおかつ空襲マスの被害をゼロにしたい場合には有効です。
しかし、特定の艦だけ無傷にしても、随伴の駆逐艦などが大破したら撤退しないといけません。
よって必ずしも、この新システムの対空噴進弾幕は万能であるとは言えないでしょう。

艦隊全体の対空装備をしっかりした上で、さらに12cm30連装噴進砲改二を装備させ、対空噴進弾幕を発動させることが一番良いと思います。
対空噴進弾幕だけを頼ることはやめておきましょう。
やはり対空の基本は、艦隊全体に対空装備をまんべんなく装備させることです。
この基本を決して忘れてはいけません。

関連記事

新任務


今回のメンテも、新たに任務が実装されました。新装備の12cm30連装噴進砲改二も手に入れることができます。

新編「四航戦」、全力出撃!


伊勢改、日向改、大淀改と1隻以上の駆逐艦で、1-6ゴール、2-5、3-5、4-5をそれぞれA勝利以上で達成です。
4-5まで攻略する必要があり、やや面倒な任務ですが、この任務をクリアすると対空噴進弾幕が発動できる12cm30連装噴進砲改二が手に入ります。
改修でも手に入れることができますが、コストが高すぎるので、できればこの任務でゲットしておきたいところです。

次のイベントで伊勢改と日向改は、ボスに特効があるのではないかと予想しています。
この12cm30連装噴進砲改二を、伊勢改と日向改の補強増設に装備させ、道中の空襲マスを無傷で切り抜けたのち、ボスに大ダメージを与える仕様になるのではないでしょうか?

何にせよ面倒な任務ではありますが、次のイベントを楽に終わらせるためにも、絶対に手に入れておきたい装備です。

2018年2月8日追記

『新編「四航戦」、全力出撃!』の攻略記事を公開しました。こちらです。

関連記事

対空兵装の拡充

対空兵装の拡充の任務報酬

中口径主砲6個、副砲3個を廃棄して、ボーキ900を用意することで補強増設が手に入る任務です。
忙しい提督でも、これだけはやっておきたいです。

ただし、補強増設はイベントで詰まるまで使わないほうが良いでしょう。
ルート固定艦が弱かったりした時のために、最後までとっておきましょう。


メンテの感想まとめ


今回は改二艦が実装されるかと思いきや、バレンタインボイスと新システムと新任務だけの、いつもよりやや控えめなメンテでした。
それほど、運営は次のイベントの準備で忙しいのかもしれません。
次の2018年冬イベは大規模作戦です。あの運営のことですから、難易度はこれまでのイベントをはるかに上回るものになるでしょう。
しっかり準備して、イベントに臨みたいところです。

前回
関連記事
スポンサーリンク
シェアする
関連コンテンツ
関連記事

プロフィール

HN:おとうふ

おとうふ


豆腐メンタルですが、ネットの片隅に生きる半端者です。
このブログでは、主に艦これやアズレンなどゲームに関する記事を中心に運営しております。

初めての方、お問合わせ、特定の分野に関する記事のリクエスト、詳細なプロフィール、寄付などは こちら から

記事検索

スマホ・携帯で見る

スマホ、携帯で見たい方は、こちらのQRコードを読み取ってください。
QR