HOME > 艦これ・軍事 > 【艦これ】2018年冬イベ、予想してみる

【艦これ】2018年冬イベ、予想してみる

来月の中旬から艦これ2018年冬イベが開始されるようです。
前回の秋イベであるレイテ沖海戦の後半です。しかも大規模です。
今回も、あまり役に立たない予想ではありますが、考えたことをまとめました。




敵空母の規模がケタ違い


次の冬イベは、レイテ沖海戦の後半であり、敵空母の規模がケタ違いになると思います。
連合艦隊で敵空母が6隻以上で編成されることも、十分考えられます。

例えば、こんな風な戦いを強いられたりして。

レイテ沖海戦後編はおそらくこうなる

そうなると、もはや艦戦の改修による対空値の上昇だけでは、ぜんぜん間に合いません。
では、どうすれば攻略できるか。考えられる対策が以下の4つです。

  • 対策1:対空装備をしっかり改修する
  • 対策2:ジェット機で対抗する
  • 対策3:空母が夜戦に参加する
  • 対策4:水上戦闘機を用意する


対策1:対空装備をしっかり改修する

対空装備の充実が重要.jpg 

まず、初心者提督でも、今すぐにできるのがこれです。
対空装備をしっかり改修しましょう。
特に重要になってくるのが、90mm単装高角砲、10cm高角砲+高射装置などの高角砲です。
高角砲の改修により、効率的に艦隊防空値を上昇させていきます。
詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事
対空装備の改修により、4-5や3-5などもある程度楽にクリアできるようになります。


対策2:ジェット機で対抗する

噴式景雲改 

今のところ、敵側にジェット機は実装されていません。
次のイベントで敵側に実装されるかもしれませんが、最近は敵側の空母が特に強化されつつあるので、多分ないでしょう。
この状況で敵側にジェット機が実装されたら、絶対に大荒れします。(フラグ)
だから、敵側にジェット機が実装されるわけがないと思います。(フラグ)

よって、今のうちに噴式景雲改と橘花改の2つのジェット機を調達して、噴式強襲できるようにしておきましょう。
手数が1つ増えるだけでも、楽に戦闘できます。

関連記事

対策3:空母が夜戦に参加する


おそらく次のレイテ沖海戦(後編)では、サラトガは関係ないと思いますが、一応用意しておいたほうが良いでしょう。
できれば、5-5サラトガ任務をクリアして、夜間作戦航空要員を確保しておきましょう。
瑞鳳や千歳、千代田などの、4番スロットの搭載機数が少ない軽空母に夜間航空要員を装備させれば、練度が非力でも夜戦で活躍できます。

夜間航空攻撃の威力は下記の記事を参考してください。
無理してF6F-5Nを手に入れなくても、F6F-3NやTBM-3Dでも十分戦えます。

関連記事

対策4:水上戦闘機を用意する


瑞鶴、瑞鳳、千歳、千代田だけでは、どう考えても制空足りません。
艦戦を改修したとしても、間に合いません。
そこで、武蔵などの水上戦闘機運用艦に、水上戦闘機を装備させましょう。

由良改二や多摩改二などの搭載機数1では、制空値に貢献できないと思われがちですが、強風改なら制空値30、二式水戦改なら28も確保できます。
搭載機数1でも制空権確保に十分貢献できるのです。
しかも、搭載機数1の水上戦闘機や艦戦は、仕様上、全滅しません。
ちなみに、空母で最少搭載機数の3で零戦52型(熟練)改修MAXを搭載すると、制空値は44です。
空母を艦戦キャリアーにして手数を減らしてしまうよりは、水上戦闘機運用艦に、水上戦闘機を装備させるほうが良いでしょう。



電探夜戦が本格化する

雪風の電探夜戦カットイン

最近はD型改二まで実装され、電探夜戦が本格的になってきました。
電探夜戦を使用して、この不利な状況をどうにかするのでしょう。
敵によっては、長波改二や島風改の電探夜戦が特効判定になるかもしれません。
電探夜戦で活躍できる長波改二や島風、夕雲型駆逐艦、陽炎型駆逐艦はできるだけ最後までとっておいたほうが良いでしょう。

関連記事

艦種制限もこれまで以上に厳しくなる


次のイベントでは瑞鶴が必要になると思われますが、それ以外の正規空母は出入り禁止になるかもしれません。
瑞鶴に随伴の軽空母だけでは、圧倒的物量の敵航空機を倒して制空権確保なんて、できるわけがありません。

冒頭の項に回帰するようですが、軽巡で水上戦闘機が装備できる、多摩改二と由良改二を用意しておきましょう。
それから、レイテ組によるルート固定という名の艦種制限もあるので、レイテ組のレベリングをやっておきましょう。


ギミックもこれまで以上に複雑化する


さすがに、次のイベントはあのレイテ沖海戦の後半戦で、総力戦であることが予想されるので、ギミックはこれまで以上に複雑なものになるでしょう。
それこそ、我々の予想を遥かに上回るレベルの複雑さでしょう。
前回のイベントの最終海域のギミックなんて、おままごとだと思うぐらい、複雑なものになるかもしれません。

E4マップ

だから、先行勢のみなさんが攻略するまで、待ったほうが良いと思います。
私も攻略記事や感想記事を書くのは、なるべく情報が出揃ってからにします。


クリアすると、海峡賞に続く、「何か」が授与される


クリアすると、海峡賞に続く、何かしらの賞が授与されるのではないでしょうか?
前回のイベントよりも規模が大きくなる上に、後半のイベントなので、おそらくクリアすると授与されるでしょう。

そして、ここからは予想というより、こうあって欲しいという私の希望になります。
二期移行した時に、この2つの賞を受賞していれば、なんらかのアドバンテージが得られると良いです。
せっかくしんどいイベントを2回もクリアするのですから、それ相応の報酬が欲しいです。
例えば、二期移行時に、この2つの賞を授与していると、ネジを50個プレゼントとか。


まとめ


予想内容をまとめます。

  • 敵空母が非常に強力
  • 本格化する電探夜戦で対抗する
  • 艦種制限が更に厳しくなる
  • ギミックもさらに複雑化する
  • クリアすると、海峡賞に続く賞が授与される

いつもの艦これのイベントですね。とは言え、これ以上ギミックが複雑になっていくと、本格的に初心者が離れていくのではないでしょうか?
過疎化が進んでしまうので、できればギミックは単純にして、敵を少し強めにしておくほうが良いと思います。

さすがに、次のイベントは丙作戦でゆっくり攻略したほうが良いかなと思います。(私情ですが、今は色々と立て込んで、かなり忙しいですし)
次の冬イベの攻略記事や感想記事の投稿はやや遅めになります。ご了承ください。

冬イベに向けてやることをまとめた記事は、こちらをご覧ください。

関連記事

スポンサーリンク
シェアする
関連コンテンツ
関連記事

プロフィール

HN:おとうふ

おとうふ


豆腐メンタルですが、ネットの片隅に生きる半端者です。
このブログでは、主に艦これやアズレンなどゲームに関する記事を中心に運営しております。

初めての方、お問合わせ、特定の分野に関する記事のリクエスト、詳細なプロフィール、寄付などは こちら から

記事検索

スマホ・携帯で見る

スマホ、携帯で見たい方は、こちらのQRコードを読み取ってください。
QR