HOME > 仮面ライダー > 【マスター火星人説】仮面ライダービルド18話「黄金のソルジャー」の感想

【マスター火星人説】仮面ライダービルド18話「黄金のソルジャー」の感想

なぜか北都にあるスクラッシュドライバー。
猿渡一海が仮面ライダーグリスとして、戦兎と万丈に牙をむく。




仮面ライダーグリス見参


なぜか北都にあるスクラッシュドライバーを使用して、仮面ライダーグリスに変身する猿渡一海。
パワーで万丈を圧倒するグリス。
倒れた万丈へ駆けつけた美空を見ると、グリスは戦闘をやめて撤退する。

戦兎「そのドライバーどこで手に入れた?」
一海「陽気なおっさんからもらったんだよ」


陽気なおっさんとは、マスターのことですね。
戦兎と万丈のハザードレベルを引き上げたいから、あえて北都にスクラッシュドライバーを提供したのでしょうか?


スクラッシュドライバーの副作用


スクラッシュドライバーはボトルの成分をフルに使える代わりに、ネビュラガスの影響が甚大。
使用を続けると、好戦的な気質がむき出しになり、戦いに取りつかれるという

それが、前回で言っていた、間違いなく戦争の道具になるというゆえんですね。
しかし、北都がスクラッシュドライバーを使用して攻撃してくる以上、こちらもスクラッシュドライバーを使わないと対抗できないでしょう?
スクラッシュドライバーを使わないなら、さらに新しいドライバーを開発する必要がありますが、今後どうするのでしょうか?


スターク(マスター)の目的とは?


戦兎「あんたの目的は何だ?」
スターク(マスター)「何度も言わせるなよ、お前たちの成長だ」


やっぱり、スターク(マスター)は火星人なのでは?
火星の調査にやってきた、もともとの石動惣一を殺して、火星人の自分の顔を石動惣一に変え、地球に潜伏しているように見えます。
なんらかの理由があり、地球人の技術力を高める必要があるのではないでしょうか?
例えば、火星が破滅の危機にさらされていて、それを防ぐためにスマッシュやライダーシステムが必要だとか?

いずれにしても、スターク(マスター)は東都、北都、西都のどこにも味方はしていないようです。
本当に北都に味方しているなら、戦兎たちのアジトをすぐに言うでしょう?
つまり、

成長を望む=地球人の技術力やハザードレベルなどを高める

ということでしょう。
それがスターク(マスター)目的だと思います。


北都の兵士が戦う理由


仮面ライダーグリス「俺達の目的はあくまで東都政府が保管しているパンドラボックスと、仮面ライダービルドが持っているボトルだ。そいつを回収できればすぐに引き上げる」
「今日から原則として民間人は傷つけない。おとなしくしていれば危害は加えないということだ」


どうやら、グリスは民間人まで攻撃する北都政府のやり方に反感を持っている模様。

赤羽「後悔していませんか、俺達の家族のこと」
猿渡一海「俺は記憶を消してる。お前たちのことは知らねえ。自分が楽しくてやってるだけだ。」


北都政府に家族を人質にされて、戦わされているようです。
東都政府の鍋島の件といい、どこの国も目的のためには手段を選ばないようです。


猿渡一海はみーたんのファン


戦兎にロケットパンダボトルを投げる美空。
美空を見た一海「みーたんだああ!!」

美空のことを覚えているということは、家族のことを忘れたというのは嘘ですね。
少なくとも、猿渡一海には人の感情があるようで、北都政府やスクラッシュドライバーに自我を支配されているわけではなさそうです。
ある意味、美空はこの戦争を終わらせるカギになるかもしれません。

そう言えば、以前闇ブローカーに通行料を支払うために、北都のお金が必要な時に、お金を出したりしたのでしょうか?
それと、猿渡一海のスマホの画面が1月14日(月)になっていることから、ビルドの世界は2018年ではないようです。1月14日(月)は2019年です。


18話の感想まとめ


18話をまとめます。

  • スクラッシュドライバーを北都に流したのはマスター
  • スクラッシュドライバーには、より好戦的になる副作用がある
  • 猿渡一海はみーたんのファン
  • なぜか生きている内海

ますますマスターは火星人説が否めなくなってきました。
死んだはずの内海が生きているのは、マスターが蘇生させたのでしょうか?

次回でさらに新型のガジェットが出るようで、マスターの思惑通りにことが進んでいます。
そして、ネビュラガスの影響で好戦的になっていく万丈。
この戦争の行方がどうなるのか、次回も楽しみです。

前回


シェアする
スポンサーリンク
関連記事

プロフィール

HN:おとうふ

おとうふ


豆腐メンタルですが、ネットの片隅に生きる半端者です。メンタルが弱くても世の中でうまく生きていく方法を研究しています。
初めての方、お問合わせ、特定の分野に関する記事のリクエスト、詳細なプロフィール、寄付などは こちら から

記事検索

スポンサーリンク

スマホ・携帯で見る

スマホ、携帯で見たい方は、こちらのQRコードを読み取ってください。
QR