HOME > 雑記 > 年末に自作PCを大掃除した一部始終をまとめた

年末に自作PCを大掃除した一部始終をまとめた

時は年末。
1年分のホコリを除去するために、自作PCであるメインマシンとファイルサーバーのメンテナンスを行いました。
また、せっかくの1年に1回のメンテなので、数年ぶりにCPUグリスも塗り変えて、徹底的にメンテしました。

その一部始終をこの記事にまとめます。




メインマシンのメンテンナンス


まずは、このブログの記事を書き、日常的に使用しているメインマシンのメンテナンスから始めます。
背面のケーブルを外して、横に寝かせただけで、吸気口からこんなにホコリが見えます。

ホコリまみれのPCケース 

まさに1年分のホコリといったところでしょうか?
蓋を開けてCPUファンを見ると、ヒートシンクの隙間までホコリがびっしり詰まっています。

ホコリまみれのサイズ12cmファン 

よくこれで発火せずに1年過ごせたなあと思います。
やはり、日頃から整備はきちんとやっておきたいですね。

で、このホコリを取り除くのですが、私はELECOMのエアダスターを使用します。


ただ、このELECOMのエアダスターを連続使用すると、内部の冷却材が活性化し、本体が保冷剤並に冷たくなります。
風圧も落ちてくるので、どちらかと言うと、エアブロワーのほうが良いです。


このエアブロワーは吸引もできるので、ホコリを吹いて部屋がホコリまみれになることもありません。

やや話が逸れましたが、エアダスターでCPUファンのホコリを吹き飛ばしました。
つづいて、CPUグリスも塗り変えます。
オウルテックのシリコングリスを使用します。

シリコングリス 

保存ができない使い切りタイプですが、どうせ使い切らずに行方不明になりますし、これでちょうどいいと思います。
おまけに安いですしね。2018年1月3日現在、たったの130円。


こんな風に、ハサミで角を切ることで、グリスを出しやすくなります。

シリコングリスの端を切る 

このCPUグリスは安い割に大容量なのか、メインマシンとファイルサーバーの両方のCPUグリスを塗り変えたあと、3台分以上のグリスがあまりました。
つまり、これひとつで少なくとも5台分のPCのCPUグリスを塗り替えることができます。(まあ2グラムも入っていますしね。)
私は、余ったグリスを捨てるのがもったいないので、切り口をセロハンテープで止めて、そのまま保存することにしました。
保存したことを覚えていれば、今年の年末の大掃除に使おうと思います。
それにしても、これだけグリスがあって、たった130円はコスパが良いですね。


ファイルサーバーのメンテンナンス


データを保存したり、スマホの写真をアップロードしたりするために使用しているファイルサーバーのメンテナンスに移ります。
清掃作業はほとんど変わらないので省略します。
グリスを塗り直そうとCPUクーラーを取り外したところ、ヤバそうな物が見つかりました。

CPUファンがおかしい 

剥がしてみると、「Peel off before installation」の文字が。
日本語に訳すと、「設置する前に剥がしてください」

CPUをセットする時はフィルムを剥がしましょう 

馬鹿な私には、こんな簡単な英語すらわからず、買った時にCPUファンについてきたフィルムを貼り付けたまま、CPUに設置してしまいました。
どおりでCPUの冷却がうまくいかないわけです。今までフィルムが溶けなくて本当に良かったです。

Amazonの購入履歴によると、このCPUクーラーを購入したのは2015年1月ですから、約3年間ずっとフィルムを貼り付けた状態で起動していたことになります。
故障しなくて本当に良かったと思います。
やはり、このような不具合に気づくためにも、PCのメンテナンスは定期的にやっておいたほうが良いですね。


まとめ

割ときれいになった 

今回の自作PCのメンテンナンス作業をまとめると以下のようになります。

  • さすがに1年掃除をサボるとPCケースの中はホコリまみれ
  • ELECOMのエアダスターはやや使いづらい
  • オウルテックのシリコングリスはコスパが良い
  • CPUクーラーに貼り付いているフィルムは剥がそう
  • やはり日頃の定期的なメンテナンスが一番


メインマシンは2011年製で、CPUは第2世代のCore i5ですが、もうあと5年は動いて欲しいので、これからは1年に1回だけでなく、もっと頻繁にメンテナンスをしていきたいと思います。

それから、2年後にはWindows7のサポートも切れるので、なるべく今年中にWindows10をMicrosoftの公式ストアから購入する予定です。
ついでで増設用DDR3メモリも8GB分買っておきます。


だんだんDDR4メモリが主役になってきているので、なるべく急いで買わないといけませんね。
今後メモリが値下がることはなさそうなので、すぐ買います。

関連記事

シェアする
スポンサーリンク
関連記事

プロフィール

HN:おとうふ

おとうふ


豆腐メンタルですが、ネットの片隅に生きる半端者です。メンタルが弱くても世の中でうまく生きていく方法を研究しています。
初めての方、お問合わせ、特定の分野に関する記事のリクエスト、詳細なプロフィール、寄付などは こちら から

記事検索

スポンサーリンク

スマホ・携帯で見る

スマホ、携帯で見たい方は、こちらのQRコードを読み取ってください。
QR