HOME > 艦これ・軍事 > 【長波改二】艦これ2017年12月27日メンテ感想

【長波改二】艦これ2017年12月27日メンテ感想

このメンテで、長波改二とD型改二が本実装されました。
前回の秋イベで入手した、戦闘詳報を使用するようです。



長波改二の実装

長波の現在のレベルは50 

長波改二が実装されました。
必要なレベルは75。改装設計図に加え、戦闘詳報を1つ消費して改造できます。
パラメータは、特に目立ったものはなく、普通の駆逐艦の改二といったところでしょうか。

しかし、長波改二は12.7cm連装砲D型改二とセットで運用することで真価を発揮します。
長波改二がD型改二を装備すると、D型改二の装備ステータスに加え、以下の補正があります。

  • 火力:+3
  • 装甲:+1
  • 回避:+1

さらに、このメンテで、長波改二がD型改二と水上電探を同時に装備すると、以下の補正があります。

  • 火力:+1
  • 雷装:+3
  • 回避:+2

つまり、D型改二を装備したボーナス補正と、D型改二と水上電探を装備した補正を合計すると、こうなります。

  • 火力:+4
  • 雷装:+3
  • 装甲:+1
  • 回避:+3

しかも、D型改二を電探夜戦カットイン(主砲+魚雷+電探)で使用すると、ダメージの倍率が上がります。
これらにより、長波改二は電探で索敵値を稼ぎつつ、夜戦での活躍も期待できます。
2-5で駆逐艦が必要になった場合、長波改二は間違いなく最有力候補の1つとして考えられるでしょう。

ただし、D型改二の量産は極めて難しいです。
C型改二からの改修更新でも入手できますが、改修更新の際には、新型砲熕兵装資材に加え、戦闘詳報が必要です。
よって、長波改二牧場にせよ、改修更新にせよ、D型改二を作るには少なくとも戦闘詳報が1つ必要です。
今のところ、戦闘詳報が入手できる定期任務は、このメンテで実装された『精鋭「三一駆」、鉄底海域に突入せよ!』(クォータリー)のみです。

課金での入手はなさそうなので、早めにこの任務をやって、戦闘詳報を集めておきたいところです。


武蔵の建造率UP


なぜかこのタイミングで武蔵の建造率が上昇しました。
私の鎮守府では大和はいますが、武蔵はいないので、この機会に建造してみようかと思っています。

ただし、対空が過剰に要求されている今の艦これでは、武蔵改の素の対空値(99)ではやや心もとないです。
運用するとしたら、武蔵に補強増設を使用して、機銃を装備させましょうか。
武蔵改は、戦艦トップの装甲と耐久を持っているので、無駄なく活かしていきたいですね。


新任務


続いて新任務の感想を書きます。

精鋭「三一駆」、鉄底海域に突入せよ!


前述のクォータリーで戦闘詳報が手に入る任務です。
長波改二に加え、高波改、沖波改、朝霜改のうち、どれか1隻を使用して、他自由枠4隻で5-4のボスに2回S勝利するとクリアできる任務です。
入手が限られている戦闘詳報と新型砲熕兵装資材を報酬として受け取ることができます。
5-4のボスでS勝利はそれほど難しくはないので、しっかりやっておきたいです。


装備開発力の集中整備


新しいウィークリー任務です。
中口径主砲3つ、副砲3つ、ドラム缶1つ廃棄して、鋼材2400を用意することでクリアできます。
報酬は弾薬200、開発資材7つ、高速修復材1つです。

それほどうまみはなさそうですね。開発資材が改修資材だったら、間違いなくやっていました。
とは言え、開発資材をさらに要求される場面が、今後増えるかもしれません。
普段は余りがちですが、改修の際にも開発資材は消費するので、決してないがしろにしていいわけではありません。
廃棄する装備が余っていれば、積極的にやりましょうか。


メンテの感想まとめ

艦これ2017年クリスマス

このメンテとはあまり関係がありませんが、先日アイオワからクリスマスプレゼントをもらいました。
中身は選択式となっており、烈風、WG42、改修資材4つの三択です。(三択ロース)
ちなみに私は迷わず、改修資材を選択しました。噴式景雲改で大量のネジを消費してしまい、ひどいネジ不足に悩まされているので。

その他、南西諸島海域に新遠征が追加されましたが、wikiによるとあまりうまみはないようです。
何かの任務として使用するかもしれません。

前回
次回
スポンサーリンク
シェアする
関連コンテンツ
関連記事

プロフィール

HN:おとうふ

おとうふ


豆腐メンタルですが、ネットの片隅に生きる半端者です。
このブログでは、主に艦これやアズレンなどゲームに関する記事を中心に運営しております。

初めての方、特定の分野に関する記事のリクエスト、詳細なプロフィールなどはこちらから

記事検索

スマホ・携帯で見る

スマホ、携帯で見たい方は、こちらのQRコードを読み取ってください。
QR