HOME > 燻製 > インスタントコーヒーでベーコンを燻してみた【チーズもあるよ】

インスタントコーヒーでベーコンを燻してみた【チーズもあるよ】

普通にベーコンを燻製するのにも飽きてきたので、燻煙材にインスタントコーヒーを混ぜて燻製することにしました。
基本的には普通にベーコンを作り、燻煙材の上にインスタントコーヒーを載せるだけです。
この記事では、いつものダンボール燻製器を使用して、コーヒーで燻したベーコンとプロセスチーズの作り方を紹介します。




必要なもの


必要なものは以下の通りです。

  • 豚肩ロースブロック(今回は500グラムを使用)
  • チーズ
  • 天然塩(今回は伯方の塩と藻塩を使用)
  • ジップロック
  • キッチンペーパー
  • 燻製器(いつものダンボール燻製器を使用)
  • 燻煙材(今回はサクラの燻製ウッドを使用)
  • インスタントコーヒー(挽いたコーヒー豆でも可)

コーヒーで燻すので、インスタントコーヒーもしくは、挽いたコーヒー豆を用意しましょう。
それ以外は、通常のベーコンと同じです。
私はちょうど家にあったネスカフェゴールドブレンドを使用しました。


今回使用する燻製器も、いつものダンボール燻製器です。

ダンボール燻製器

もうかれこれ20回近く使ってきて、内側は燻煙の黄ばみが目立ってきました。
1000円程度で買い替え出来るので、次に燻製をする時には買い替えましょうかね。
燻製したものは全て加熱処理をして食べるとは言え、衛生的、生理的に問題ありですし。


金属製の燻製器もありますが、やっぱりダンボール製のほうが使い勝手が良いと思います。
ダンボール製であれば、上の画像のように自前で改造して3段式にすることもできますし、使えなくなったら、折りたたんで燃えるゴミの日に出せば良いわけですし。
おまけに低コスト。上のダンボール燻製器を買わなくても、2Lペットボトルのダンボールを加工すれば、簡単に手製のダンボール燻製器を作ることができます。
ただ、熱源が使用できないので、熱燻製は出来ません。

燻煙材は、肉類と相性が良い、サクラを使用します。
サクラはクセが強いのですが、豚肉の独特の臭みを抑えることができます。
今回はサクラの燻製ウッドの上にインスタントコーヒーを載せて燻します。


メーカーはいつもの進誠産業。
SOTO製の燻製ウッドは燃えにくいので、進誠産業製を使用しております。
それから、進誠産業製は自分でウッドを折って自由に長さを調整することができます。


作り方


この項では作り方を説明します。
工程としては、こんな感じです。

  • 塩漬けにする
  • 塩抜きする
  • 乾燥させる
  • 燻製する


塩漬けにする


まずは塩漬けです。塩漬けこそベーコン作りの要です。
500グラムの肉なので、塩は10グラムぐらいがベストです。
肉をフォークでグサグサ挿して、まんべんなく穴を開けたあと、塩を塗り込みます。

ジップロックで塩漬けする肉

塩を塗り込んだら、ジップロックに入れて、1週間ぐらい冷蔵庫で寝かせます。
普段なら、ここでローリエを一緒に仕込んだりしますが、今回はコーヒーで燻すので塩だけで寝かせます。
時々袋をひっくり返すことで、塩が均一に浸透します。

ちなみにチーズは、燻製するまでに塩漬けや塩抜き、乾燥などをする必要はありません。
銀紙を剥ぎ取ってそのまま燻製します。


塩抜きする


1週間後、塩漬けした肉を取り出して、塩抜きします。
肉の表面についている塩を水で洗い流して、ボウルの中に肉を入れ、水を張り、ラップをかけて1日冷蔵庫に入れておきます。

ボウルで塩抜きする肉


乾燥させる


塩抜きが終わったら乾燥させます。
キッチンペーパーで表面の水分を拭き取ったあと、燻製網に載せて、丸1日冷蔵庫に入れて乾燥させます。
肉の表面を触って、サラサラしていればOKです。

乾燥させる肉


燻製する


乾燥が十分に出来たら燻製です。
食材をダンボール燻製器にセットし、サクラの燻製ウッドの上にコーヒーをまぶして火を付けます。
今回はベーコンと一緒にチーズも燻してみました。

肉を燻製する

コーヒーが燃えにくいので、3~4時間ぐらいは待ちましょう。

コーヒーとサクラの燻製ウッド


完成と関連記事


完成したベーコンを冷凍して、スライスした物がこちら。

出来上がったベーコンのスライス

スライスしたベーコンを焼いて味見してみたところ、コーヒーの風味はかすかに感じ取れるぐらいですね。
逆にチーズはしっかりコーヒーの風味を楽しむことが出来ました。
やはり、みかんで燻製したときと同様に、食材の味が淡白であればあるほど、風味が浸透するようです。
みかんよりはコーヒーのほうが風味を感じやすいです。もともと味が濃いからかな?


以下、関連記事の紹介です。

私が初めてダンボール燻製器でベーコンを作り、完成させた記事がこちら。
サクラの燻製ウッドで普通に燻製しています。

関連記事
2回目は一気に1キロの肉をクルミの燻製ウッドで燻製しました。
私はどちらかと言えば、クルミで燻したベーコンの方が好きです。

関連記事

シェアする
スポンサーリンク
関連記事

プロフィール

HN:おとうふ

おとうふ


豆腐メンタルですが、ネットの片隅に生きる半端者です。メンタルが弱くても世の中でうまく生きていく方法を研究しています。
初めての方、お問合わせ、特定の分野に関する記事のリクエスト、詳細なプロフィール、寄付などは こちら から

記事検索

スポンサーリンク

スマホ・携帯で見る

スマホ、携帯で見たい方は、こちらのQRコードを読み取ってください。
QR