HOME > 雑記 > 【冬こそ外に出よう】冬の寒空のもと散歩する魅力

【冬こそ外に出よう】冬の寒空のもと散歩する魅力


こんなに寒い中、外に出て散歩していると、「風邪ひきたいの?」とか「寒くないのか?」などと思われるかもしれませんが、私は平気です。
むしろ、最近ほぼ毎日散歩している私から見れば、なぜ皆は冬に散歩しないのかなあと思ったりします。

そこで、この記事では冬の寒空のもと、散歩をする魅力について紹介します。




冬の澄んだ空気が気持ちいい


冬の空気はとてもキレイ.jpg

冬場は換気をせずに一日中ファンヒーターをつけっぱなしにしてしまうことから、部屋の空気が淀みがちです。
しだいに部屋が酸欠状態になり、ズキズキと頭痛が激しくなってきます。
そこで私は、窓を開けて部屋の換気をするとともに、外に出て新鮮で澄んだ空気を吸うことで解決しています。

私が住んでいるところは、ほとんど川と山に囲まれた田舎なので、空気が綺麗です。
たまに地域住民が野焼きをしていて煙たいことがありますが、たいてい空気は澄んでいます。
きれいな空気を存分に吸って散歩するたびに、つくづく田舎で良かったなあと思います。


頭を冷やしてメンタルをリセットできる


冷たい空気でクールダウンできる.jpg

私から見れば、冬の散歩も滝行も、メンタルをリセットするという意味では似たようなものです。
肌を突き刺し、噛み付くような凍える風も、自分の浮足立った心を沈めるには最適です。

作業に集中すると、呼吸が少なくなります。ほとんど無呼吸に近いです。
外に出て、鼻から入った冷たい風は脳へ流れていき、作業のし過ぎで熱く煮えたぎっていた頭をクールダウンしてくれます。
また、外に出れば、川の水がザーザー流れる音が聞こえますし、風がピューピュー吹く音も聞こえます。道によっては竹が風でザワザワとざわめく音も聞こえます。
この自然音が心をリラックスさせ、落ち着かせてくれるのです。
舗装されていない地面の凸凹も、適度に足を刺激してくれますしね。


運動不足が改善される


冬場は特に家の中でこもりがちなので、体を動かさないと血流が滞り、コリの原因になってしまいます。
春になってさあ動こうと思ってもコリのせいでうまく動けないこともあります。

最近は作業などで忙しいのか、それとも単に疲れるからやりたくないのか、昔やっていたビリーズブートキャンプや筋トレもサボりがちになってきました。
一日中座りっぱなしでいると、相当筋肉が衰えてしまうので、少しでも動けるうちに動いておいたほうが良いです。
家に帰ったあとのバナナ味のプロテインもまた格別の味ですし。


家の暖かさのありがたみを感じることができる


家に帰ることが出来るほど嬉しいことはない.jpg

私の家は築50年以上の戸建て木造住宅で、断熱材などは一切ありませんが、寒い外から家に帰ると物凄く暖かく感じます。
私はこれが一番好きで散歩をしているようなものです。
自分がいかに温かい家に住んでいたかということがよくわかります。外とはえらい違いです。

今手元にあるものにありがたみを持って接触できれば、日頃の不満もさっぱり消えて無くなります。
たとえ床が抜けそうでフカフカしていたり、階段が急だったり、家全体が埃っぽかったりしたとしても、それは外の極寒に比べれば、取るに足らない些細な事だということがよく分かるのです。

やっぱり、ずっと家にいることも考えものですね。
距離が近ければ近いほど、不満も目に見えてくるものですから。


まとめ


冬に散歩する魅力をまとめます。

  • 冬の新鮮で澄んだ空気が美味しい
  • 冷たい空気が頭を冷やして、リフレッシュできる
  • 冬の運動不足が改善される
  • 家の暖かさのありがたみを感じることができる

こうしてまとめると、自分は冬が好きなんだなあって思います。
冬の透き通るような冷たい空気、肌で感じることが出来る自然、家に帰って飲むプロテイン、家の暖かさ。
まるごと全部含めて冬の散歩であり、それが醍醐味だと思います。



シェアする
スポンサーリンク
関連記事

プロフィール

HN:おとうふ

おとうふ


豆腐メンタルですが、ネットの片隅に生きる半端者です。メンタルが弱くても世の中でうまく生きていく方法を研究しています。
初めての方、お問合わせ、特定の分野に関する記事のリクエスト、詳細なプロフィール、寄付などは こちら から

記事検索

スポンサーリンク

スマホ・携帯で見る

スマホ、携帯で見たい方は、こちらのQRコードを読み取ってください。
QR