HOME > 艦これ・軍事 > 艦これが二期移行したらどうなるか予想してみる

艦これが二期移行したらどうなるか予想してみる


2018年春に艦これは二期移行するそうですが、待ちきれないのでその予想をすることにしました。




次世代艦、次世代装備が実装される


新型ジェット機の実装楽しみです.jpg 

二期移行に伴って、次世代艦や次世代装備が実装されるのではないかとにわかに期待しています。
次世代艦は信濃が、次世代装備には震電改、秋水や富嶽など。
これらはイベントの報酬などで配られる可能性があるのではないでしょうか?
特にジェット機関係が増えると思っています。(イベントで震電改を再配布した後、改修でジェット機化など

最近のイベントの報酬は、難易度や手間と比べてあまり旨味のあるものではないので、この辺で豪華な報酬を配る可能性も否定できません。
今のうちに、イベントに備えて諸々の準備をしておいたほうが良いでしょう。


資源が手に入りやすくなる


資源の価値が下がる可能性.jpg 

艦や装備が次世代化するに伴って、旧装備の改修や開発を行いやすくするために資源が手に入りやすくなるかもしれません。
だから、ネジがたくさん必要になる装備の改修は、二期移行まで待つのも一考かと思います。
課金も二期移行するまで控えたほうが良いでしょう。もしかしたら資源の価値が下がり、値下げするかもしれません。

おそらく保有資源の上限も30万から50万辺りまで引き上げられるでしょう。


ユーザー間の交流が必要になる


友軍艦隊の実装はやや不安.jpg 

二期以降における一番の不安要素ですね。友軍艦隊の実装。
あくまでも私見ですが、艦これは他ユーザーと接触する機会がなく、ソロプレイを楽しむことが出来たから、ここまで続いたと思っております。
その流れや空気を根こそぎひっくり返して、友軍艦隊を実装するのは、かなりの博打打ちではないでしょうか?
ユーザー間とのトラブルや、2chなどでの晒し行為が横行すると、艦これ全体のイメージが悪くなり、新規プレイヤーが減っていく可能性も否定できません。

なるべく、友軍艦隊はゲームの攻略そのものに影響しない範囲で、平和的に実装して貰いたいものです。
(例えば、不要な艦や装備の交換など)


iPhoneでもプレイ可能になる


iPhoneユーザーでも艦これをプレイ可能に.jpg 

二期移行によりflashからHTML5に変わるそうなので、おそらくiPhoneでも艦これをプレイ可能になるのではないでしょうか?
またこれを機に、艦これの新規登録もスマホから簡単にできるようになると思われます。
それにより、プレイヤーの人口も多少増えるでしょう。


まとめ


二期移行における予想内容をまとめます。

  • 艦や装備の次世代化が進む
  • 次世代化により、資源の価値が下がる
  • 友軍艦隊により、ユーザー間との交流が必要になる
  • HTML5移行により、iPhoneでもプレイ可能になる
  • スマホユーザー層の確保により、プレイヤーが増える

これだけでなく、他にはUIの改善なども考えられます。
まとめて解体したり、一気に開発したりする機能も実装されるといいですね。

それから、次世代艦や次世代装備の実装を楽しみに待っています。
基地航空隊に富嶽が実装されれば、相当攻略が楽になるでしょうね。

シェアボタン

スポンサーリンク
関連記事