HOME > 艦これ・軍事 > 正しい5-4東京急行レベリング

正しい5-4東京急行レベリング


敵が弱い上に得られる経験値が多いことで、レベリングスポットとして有名な5-4。
空母2隻にドラム缶4つで出来ることから簡単に見えますが、レベリング対象の艦によって編成や装備を変えたほうが良いでしょう。

この記事ではMVP取れない艦、空母、戦艦の3種類に分けて、正しい5-4東京急行レベリングをまとめました。




MVP取れない艦をレベリングする場合


MVPが取れない艦(空母や戦艦以外)の場合、レベリング艦を旗艦に配置して、ドラム缶を満載させ、随伴艦の火力を最強にしたほうが良いでしょう。
編成はこんな感じです。

MVP取れない艦の5-4レベリング

レベリング艦がドラム缶を4つ装備できる、4スロ軽巡、航巡、コマンダンテストにはこの方法が最適です。特に航巡は打たれ強いので、赤疲労でも簡単に大破しないでしょう。
次点で向いているのは非戦闘艦の揚陸艦、補給艦、水上機母艦です。これらは3スロで、ドラム缶を3つまでしか装備できませんが、演習以外で手早く効率的にレベリングするとなると、ここしかありません。
あまり向いていないのは普通の駆逐、軽巡。これらは5-4でレベリングするよりも、4-3リランカレベリングをする方が良いです。早い上に低燃費ですし、何より安全です。

関連記事
随伴艦の説明をします。
戦艦はもちろん徹甲弾カットイン。レベリング艦はどうせMVP取れないので、火力全開で良いのです。
今回は重巡を加えていますが、燃費が許せるなら戦艦・航空戦艦を入れたほうが良いでしょう。

空母は3隻投入しています。制空権確保のために烈風以上の艦戦を5スロット分装備させる必要があるので、2隻より3隻に分散させたほうが艦隊の火力を維持できます。
戦爆連合カットイン装備にさせ、艦載機もなるべく最高ランクのものを装備させます。
彩雲は必要ないと思います。敵は大して強くないですし。

そんなところですね。
MVP取れない艦のレベリングは、随伴艦の火力を強化しておくだけで良いので簡単です。


空母をレベリングする場合


続いて、空母のレベリング方法を説明します。
編成はこちらです。

空母の5-4レベリング

制空権確保のためには、烈風以上の艦戦が5スロット分必要になります。レベリング艦の空母には艦戦1スロットだけ装備、随伴艦の空母2隻にそれぞれ2スロット分装備させます。

レベリング艦はもちろん戦爆連合カットインにしています。
開幕航空戦では、敵の艦載機に邪魔されるので、なかなか攻撃が通りにくいです。熟練艦載機整備員があればそれを装備しても良いでしょう。
レベリング艦の火力の近代化改修はしっかり行っておきましょう。

随伴艦の話に入ります。
レベリング艦の空母はなかなか安定してMVPが取れないので、随伴艦の火力調節はしっかりしましょう。
特に戦艦の徹甲弾カットインは厳禁です。駆逐艦に徹甲弾カットインがヒットしたら、その戦闘のMVPは戦艦になってしまいます。
そこで戦艦には、高角砲と電探を装備させたカットイン攻撃をさせます。威力は低いものの、カットイン発動率と命中率は高いので敵艦の掃討を任せられます。それなりに対空値が高い艦なら、対空カットインも兼任できますし。
随伴艦の空母も戦爆連合カットインにはさせていません。艦攻も二級品を使用します。
ドラム缶担当の艦は、航巡にしましょう。全体的に火力が制限されている中、4スロ軽巡などにするのは危険です。

空母のレベリング方法は以上です。
空母は戦艦よりも火力が低いので、戦艦側が火力を調整する必要があります。
5-4でレベリングするよりも、3-3北方ウィークリーをやる片手間でレベリングするのもありかと思います。
空母同士でレベリングするなら、調節も楽ですし。

関連記事

戦艦をレベリングする場合


最後に、戦艦のレベリング方法を説明します。
編成はこちら。

戦艦の5-4レベリング

戦艦のレベリングは、空母をレベリングするよりも簡単です。
レベリング艦の主砲はフィット補正を考慮して一番強いものを選び、徹甲弾カットイン装備にさせます。

随伴に戦艦がいても構いませんが、徹甲弾カットインは避けましょう。
空母は戦爆連合カットインをやめて、念のために二級品の艦攻を載せて調節します。

戦艦はてきとうにやっていても普通にMVP取るのでとても楽です。
もっとも、戦艦は演習に参加させていれば、すぐにレベル99になるので、この方法はケッコン戦艦向けでしょうね。

関連記事

まとめ


まとめます。正しい5-4東京急行レベリングは以下のとおりです。

  • MVP取れない艦をレベリングする時は随伴艦の火力を最強にさせる
  • 空母をレベリングする時は随伴艦の火力調節を厳重にする
  • 戦艦をレベリングする時は随伴艦の火力をやや調節する
  • 軽巡駆逐は4-3リランカレベリングのほうが早いし安全で低燃費

5-4では制空値が他のレベリングスポットよりも厳しく、敵の火力は弱くても耐久値がとても高いです。
自軍にそれなりの制空と火力が無いとS勝利が難しくなります。
しっかり火力調節を行って、旗艦がMVPになるようにさせましょう。
3回連続でMVPを取ると約4500、100周すれば、レベル1でもレベル84に到達できます。

シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事