HOME > 燻製 > みかんの皮でししゃもを燻製してみた

みかんの皮でししゃもを燻製してみた

燻製したししゃもを焼いてみた 

ししゃもをみかんの皮で燻製してみました。
アジの開きでは、あまりみかんの風味がしませんでしたが、ししゃもはとても美味しく仕上がりました。
この記事で作り方をまとめます。



燻製前の準備


まずはししゃもを乾燥させます。
食材に水分が大量に含まれた状態で燻製すると、エグみや雑味の元になるので、しっかり乾燥させましょう。

乾燥方法は簡単。
お皿の上に燻製用の網を載せ、その上にししゃもを載せて、冷蔵庫に入れるだけ。
冷蔵庫にししゃもの生臭さが移るのが気になるなら、100均の洗濯用ネットを使って外で乾燥させましょう。
冷蔵庫で乾燥させる場合は2~3時間程、外で乾燥させる場合は1時間程で十分です。


今回使う燻製器と燻煙材


今回使用する燻製器と燻煙材を紹介します。

はい、いつものダンボール燻製器です。
四隅に穴を開けて竹串を通して三段式に改造しています。

ダンボール燻製器

使用する燻製ウッドはナラです。
ナラはクセが少ないので、燻製初心者でも楽しめますし、みかんの皮の風味も引き立ちます。
また、ナラはクセの少なさから魚介類にも向いています。


そして、追加で燻製ウッドの上に載せる、乾燥させたみかんの皮です。

乾燥させたみかんの皮 

作り方はとても簡単です。
食べ終わったみかんの皮を手でちぎり、100均の洗濯用ネットに入れて、乾いた秋の空に2~3日放置するだけ。
みかんの皮の水分が抜けて、香りが残ります。

すり鉢では粉状に出来ないので、ミキサーやフードプロセッサーなどを使用して粉状にすると、より香りを楽しむことが出来ます。
今回は粉状にせず、そのまま燻製ウッドの上に載せて燻製させます。


いざ燻製


ダンボール燻製器を組み立て、乾燥させた食材を網に載せたら燻製開始です。
今回のししゃもは、三段式の二段目に設置しました。

燻製前のししゃも 

進誠産業のナラにガスコンロで火を付け、その上に乾燥させておいたみかんの皮を載せて燻製させます。
燻製器のすぐ近くに水の入ったバケツを用意して、みかんの皮に着火していないか、定期的に確認しておいたほうが安全です。

みかんの皮を載せて燻製する 



みかんの皮が燃えにくいのか、2~3時間ぐらいでようやく燻製ウッドが燃え尽きました。
ししゃもの燻製の出来上がりです。

みかんの皮で燻製したししゃもの完成 

実食


燻製終わった後、冷蔵庫で一日寝かせて、オーブントースターで焼いて食べてみました。
1000Wの2~3分ぐらいで、様子を見ながら焼くと失敗しないです。

燻製したししゃもを焼いてみた 

焼きあがると、さっそくみかんの良い香りがします。
アジの開きよりも、ししゃもが淡白な味だからか、ナラの燻製の味と、みかんの風味が口に広がっていきました。
いつもの普通の燻製よりも、こちらのほうがより美味しいです。

ただ、みかんの皮を粉状にしていれば、もっと風味が引き立ったでしょうね。
実に惜しいです。

みかんの皮でアジの開きを燻製した記事はこちら

関連記事

シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事