HOME > 艦これ・軍事 > 【艦これ】2017年9月ランカー報酬の感想【紫電改】

【艦これ】2017年9月ランカー報酬の感想【紫電改】

ランカー報酬の感想.jpg

ついに陸上機としての紫電が実装されました。
その性能はどのようなものでしょうか。

2017年9月ランカー報酬の感想書きます。




紫電一一型


対空+8
対爆+1
迎撃+1
装甲+1
半径3


ランカー全員に配布されています。
既に実装されている紫電改二の対空が+9なので、それほど期待はしていませんでした。
対爆と迎撃の値が小さいので、飛燕には勝てません。飛燕を持っている提督は、無理して紫電を使う必要はなさそうです。

何にしても登場するタイミングが遅すぎましたね。改修可能化してテコ入れすれば良いのですが。
とは言え、謎ステータス装甲+1がどのように作用するかは、まだわかっていません。
現時点ではあまり良い性能とはいえませんが、それも運営のさじ加減一つで一気に変わります。

次の秋イベで実装されると思うので、とりあえず手に入れておきたいですね。



紫電二一型 紫電改


対空+9
対爆+1
迎撃+3
装甲+2
半径4


おなじみの紫電改です。(カイ・シデンじゃないよ)
対空は紫電改二と同じ。紫電と比べて迎撃が+3に上がっているので、基地航空隊としての性能は少し上がっています。
とは言え飛燕一型丁に比べると、防空時の性能はやや劣ります。

紫電改にも謎ステータス装甲+2がついており、今後どういった場面で有効になるのか注目していきたいところです。
もしかしたら、戦闘時に消耗しにくかったり、敵の空襲時のダメージを低減する効果があったりするかもしれませんね。


22号対水上電探改四(後期調整型)


火力+1
対潜+2
索敵+7
命中+9


ランカー全員に配布されています。どちらかと言えば、この電探がメインと思う提督もいるのではないでしょうか?
普通の22号対水上電探改四と33号対水上電探の完全上位互換でありながら、火力がプラスされているので、支援艦隊にはうってつけです。
もちろん小型電探なので、素の火力が低い駆逐艦にはちょうどいいです。

改四電探を改修更新してこの装備になるかと思いますが、私は22号電探を満潮改二で改修更新して手に入れることになると思います


2017年9月ランカー報酬の感想まとめ


私がランカーだったら、紫電はいらないから、紫電1個につき強風1個に取り替えて欲しいなと思います。
とは言え、装甲がどのように作用するかは未知数ですし、実装初期に使えない装備だと思うことは今までもありました。(雷電とか隼とか)
だから、装甲がどうなるかはっきり分かるまで、手に入れたら処分しないようにとっておいたほうが良いかもしれません。

イベント前のランカー報酬はしょぼい説がささやかれている中、このランカー報酬はまだ当たりの部類だそう。
まあ、確かに剣魚はひどすぎましたが。あまりにもランカー報酬がひどいと、誰もランカー目指さなくなるんじゃないでしょうか?
もしかして運営の狙いはそれかな?

それから、これは私の予想ですが、次の秋イベで配布される紫電の中に、名前付きの紫電改が甲作戦などで配布されるのではないかと思っています。
隼のときもそうでしたし、紫電改も多分そうなると思います。
紫電改のエースパイロットって誰かいたかな?
傑作機コレクションの紫電改で出た、菅野直大尉とかかな?三四三航空隊として実装されたりして。

そういうわけで、次の秋イベは出来れば甲作戦狙っておきたいですね。
夜戦がテーマになる可能性が濃厚なので、今のうちに夜戦火力艦をしっかり育てておきます。
秋イベの予想記事はこちら。

関連記事

シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事