HOME > 精神医学・心理学 > エナジードリンク依存を克服する5つのメリット

エナジードリンク依存を克服する5つのメリット


エナジードリンク依存を克服してよかったこと.jpg

エナジードリンク依存を克服して、かれこれ3週間。
まだ日が浅いですが、それでもエナジードリンク依存を克服してよかったなと思うことがあります。

そこで、この記事では、私が感じたエナジードリンク依存を克服するメリットを5つ紹介します。




メリット1:ご飯が美味しくなる


エナジードリンクをやめると、ご飯が最高に美味しい.jpg

エナジードリンクやめて最初に感じたのがこれですね。

ご飯がすごく美味しい!!

それも当然だと思います。
エナジードリンクを飲むと、エナジードリンクに含まれる大量の砂糖が血糖値を急上昇させ、あっという間に満腹感を得てしまいます。満腹感を得ることから、体が食事を受け付けなくなります。結果的に食事を食べても美味しくなくなるのです。

私は朝起きて、すぐに目を覚ますためにエナジードリンクを飲んでいましたが、それが原因で昼食をとらなくなってしまいました。食べても全然美味しくないですし、とは言え食べないと体が持たなくなり苦しむというジレンマに悩まされていました。

しかし、エナジードリンクをやめることで、適度な空腹感を味わうことができ、食事を楽しむことが出来ました。やはり食事は楽しく、美味しくいただくものです。
エナジードリンク依存を克服したおかげで、今日もご飯がすごく美味しいです。


メリット2:お金が貯まるようになる


145.jpg

次は経済的な話になります。
私は一週間に3本から4本ぐらいのエナジードリンクを飲んでいました。モンスターエナジーなので一本200円ほど。一週間で600円から800円の消費です。
つまり、依存を克服して3週間ほどになる私は、1800円から2400円分節約したことになります。

もしこれが3週間でなく、3ヶ月や1年と言ったレベルで依存を克服し続けたらどうなるでしょうか?
数万円レベルの節約につながります。

エナジードリンクに依存することで、知らぬ間に数万円をロストしているのです。
エナジードリンク依存を克服することで、数万円も節約できるのです。

その数万円があれば、もっと役に立ついいものが買えるでしょう。(例えば、iPhone8とか服とか)
エナジードリンク依存克服のおかげで、お金が貯まり、お金の使い方について、もう一度考える事ができました。


メリット3:禁断症状が無くなる


禁断症状がなくなり、心が一定になる.jpg

3つめのメリットはメンタル関係の話。

私がエナジードリンクに依存していた頃、エナジードリンクを飲まない日は常にエナジードリンクについて考えていました。
いわゆる禁断症状です。
禁断症状は地獄そのものです。飲んではいけないとわかっていても飲んでしまい、結果的に罪悪感に駆られるという、まさに依存症の典型のような状態になりました。
その禁断症状からくる負のスパイラルは、私の豆腐メンタルをじわりじわりと確実に蝕んで行きました。

しかし、依存で完全に詰む前に、「依存を克服する」という行動がとれて本当に良かったなあと思います。(もっとも経済的に苦しいから依存を克服せざるを得なかったのですが)
今では、エナジードリンクのことを全く意識することなく生活できています。
エナジードリンク依存克服のおかげで、苦しい禁断症状に悩むこともなくなりました。


メリット4:体調不良が改善される



エナジードリンク依存克服により、体調不良も治りました。
エナジードリンクを飲んでいた頃は、飲んでしばらくすると下痢になることがよくありました。エナジードリンクに含まれる、大量のカフェインや他の成分が副作用として下痢を引き起こしているのでしょう。
それ以外にも動悸や吐き気、下痢から併発した切れ痔、高血糖で食事を取らないことによる栄養不足など、様々な症状も発生しました。

正直言って、エナジードリンクを飲んで、体調が良くなったことって何もありませんよね。

むしろ体調不良になるシーンしか思い浮かばない。
一時的に精神が高ぶって元気になりますが、効き目が切れると一気に倦怠感に襲われますし。

エナジードリンクを飲むことをやめたら、下痢や切れ痔も治るし、栄養不足は改善され、動悸や吐き気に苦しむことも無くなりました。
エナジードリンク依存を克服したおかげで、体調不良が改善されました。


メリット5:作業効率が上がる


作業効率が上昇してミスも少なくなる.jpg

作業効率が上がる点も見逃せません。
作業効率を上げるためにエナジードリンクを飲む人が結構いるようですが、逆効果だということに気づきましょう。
エナジードリンクを飲むと、一時的に元気になり、作業効率が上がったかのように見えます。
しかし、実際はテンションが上がって仕事が進んでいるように見えるだけです。

人間はその時の気分に応じて、自分にとって都合よく解釈する、身勝手な生き物なのです。
気分が悪い時に仕事が進んでも、「まだこれだけか...」と思います。
気分が良い時に仕事が進むと、「うわ、もうこんなに進んでいる!!」と思います。
全く同じ量の仕事をこなしているにも関わらず、その時の気分によって判断してしまいます。それが人間なのです。気分のさじ加減一つで、仕事が左右されるようでは、仕事は長続きしません。エナジードリンクを飲むのをやめて、可能な限り気分を一定に保つことが重要なのです。

また、気分の問題だけでなく、エナジードリンクによって起こる弊害もあります。
食事を取らなくなる、お金が貯まらなくなる、禁断症状に苦しむ、体調不良が慢性化する。
これらの問題は、仕事のやる気を大幅に削いでいます。
一時的に元気になって気分的に作業効率が上がるよりは、本当の意味で作業効率が上がったほうが良いに決まっています。

私はこれまでモンスターエナジーを飲んでブログ運営を行ってきましたが、依存を克服した今のほうが、明らかに作業効率が上がっています。
月別の記事数をご覧いただければ一目瞭然かと思います。前よりも1ヶ月に投稿する記事数が多くなっています。
エナジードリンク依存を克服したおかげで、作業効率はグーンと上昇しました。


まとめ


エナジードリンク依存を克服するメリットをまとめると以下のようになります。

  • ご飯が美味しくなり、栄養不足が改善されるし、やる気も出る
  • お金が貯まるようになり、経済的な問題が解決する
  • 禁断症状で苦しむことが無くなる
  • 下痢や動悸、吐き気などの体調不良が改善される
  • 気分が一定になり、依存の弊害も除去され、作業効率が上がる

こうして考えると、エナジードリンクって百害あって一利なしだなあと思います。エナジードリンクを飲むメリットは、一時的に気分がハイになるぐらいですし。作業効率の上昇もまやかしです。依存を克服できて本当に良かったです。

また、具体的に依存を克服する方法についてまとめた記事があります。自分が実際にやったことなので、きっとエナジードリンク依存の克服に役に立つでしょう。こちらをご覧ください。

関連記事

シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事