HOME > 学問・資格 > 自称進学校が本物の進学校になるには

自称進学校が本物の進学校になるには

自称進学校が本物の進学校になる方法.jpg

皆さんは、「自称進学校」というものをご存知でしょうか?
自称進学校とは、膨大な量の課題を生徒に押し付け、0時限目の授業や補修・講習を徹底しているにも関わらず、国立大学や難関大学への進学率が異常に低い高等学校を指します。

私が昔通っていた高校も自称進学校で、色々とおかしなところがありました。
もっとこうすれば本物の進学校になれるのになあと思う場面が多々ありました。

そこで、この記事では自称進学校が本物の進学校になるためにやるべきことをまとめました。





教師と生徒の間に信頼関係を築く

信頼関係を積み上げていく.jpg

まず、本物の進学校になりたいなら、教師と生徒の間に信頼関係を築きましょう。


自称進学校のやっている指導は、頭ごなしに教師が指導しているだけです。生徒の言い分に耳を傾けず、自分の思い通りにならなければ怒鳴り散らします。
信頼関係が無いから、生徒は授業も真面目に聞かなくなりますし、ふてくされます。

例えば、教師が生徒に「廊下は走らない!!」と注意するとしましょう。
信頼関係がない場合、生徒は「廊下を走るな!!この糞ガキが。脳みそあるのか!?だからお前は不良なんだよ」とキツく解釈します。
逆に信頼関係がある場合、生徒は「廊下を走ってはダメだよ!!滑って転んで怪我したら危ないでしょ?」とやさしく解釈します。
大げさなように聞こえますが、信頼がある人物とそうでない人物が発する言葉には、受け止める側にとって大きな違いがあります。

あなたが生徒の場合、気に入らない教師の言うことを聞きますか?
「はい」と答えたあなた。教師の言う、どんな理不尽なことも聞く覚悟がありますか?
たとえ覚悟があったとしても、誰も出来ないでしょう。

信頼関係の無い組織は遅かれ早かれ滅亡するのです。

歴史がそれを証明しています。仏教でも信頼関係の重要性を説いています。
日頃、「受験は団体戦」などと言っているにも関わらず、信頼関係を軽視して内輪もめしている様はあまりにも愚かです。
重要なのは和の心です。大学進学を目標としたいのであれば、いがみ合っている場合ではありません。



対話を行い、教師の教育レベルを引き上げる

対話で教育レベルを成長させる.jpg

教師と生徒との間に信頼関係を築き上げたら、次は対話で教師の教育レベルを引き上げましょう。

本当に教師の教育のレベルが高ければ、質より量にこだわった講習・補修や0時限目なんて必要ありません。在学中に自主退学や自主転校、自殺する生徒もいません。

自称進学校の教師がしていることは、
  • 思考停止して教科書の内容通りの授業を行うこと
  • てきとうに課題を指定し生徒に押し付けること
  • 中退や転校、自殺した生徒の隠蔽工作と火消しをすること
この3つだけです。

そんな低レベルな指導、小学生でも出来ます。本当にそんなことで生徒の成績が上がると本当に思っているのでしょうか?
大学卒業して教員免許まで取ったわけですから、教員免許を取得した教師にしか出来ない面白みのある授業を、生徒が耳を傾けたくなるような指導を行うべきだと考えます。
具体的には、頭ごなしの指導をやめ、生徒との対話を試みる授業や指導を行うのです。

あの生徒はなぜ不登校なのか、何が不満なのか、この教え方は難しいか、授業の理解度はどうか、生徒はちゃんとついていけているか。
このような生徒との対話をしっかり行うことで、教師の教育レベルはどんどん上がっていきますし、前述の信頼関係を築くこともできます。

逆に「課題をやってこないやつに発言権はない」「学校に来ていない人間が偉そうに言うな」「この授業でわからないやつはただの馬鹿だ」などと、対話を放棄し、生徒を置き去りにした授業や指導を行っていては、教師の教育レベルもどんどん下がっていきます。
結果的に自称進学校になってしまうのです。

たとえどんな生徒であっても、学校に籍がある以上、学校を構成する一員です。発言権はありますし、教師と対話をする権利も必ずあるのです。


まとめ


まとめます。自称進学校が本物の進学校になるために必要なことは以下の3つです。

  • 教師と生徒の間に信頼関係を築く
  • そのための対話を行う
  • 対話を繰り返し、教師の教育レベル上げる

「自分は生徒としっかり対話をしている」「私の教育レベルは本物」などと自信過剰な教師は要注意。
対話と言っても、相互理解のない対話は対話とは言えません。必ず、生徒が本当のことを言っているのかどうか察しましょう。立場を利用した威圧的な対話では不満が爆発します。
自分の力は本物だと自信を持つことは結構ですが、それでは成長を失ってしまいます。あとは老いぼれていくだけです。常に何かを得たいというハングリー精神を忘れないようにしましょう。

信頼関係を築くこと。対話をすること。教育レベルを上げること。
自称進学校に欠けているこの3つの要素を意識して行動するだけで、本物の進学校になれます。


シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事