HOME > 仮面ライダー > 仮面ライダービルド第8話「メモリーが語りはじめる」の感想

仮面ライダービルド第8話「メモリーが語りはじめる」の感想



ファウストを設立した葛城巧。
彼が残した研究データとは。



葛城巧の母との話


葛城巧の母の話をまとめます。

  • パンドラボックスの責任者である父はスカイウォールの惨劇事件により自殺
  • 葛城巧は父親の無念を晴らすために科学者になった
  • 葛城巧は誰かに利用されたかもしれない

自殺した父親の無念を晴らすために科学者になるのは分かるとして、それでスマッシュの人体実験をするのはどうかと思うなあ。
もしかしたら葛城巧は、ネビュラガスの研究やスマッシュの人体実験をすることで、スカイウォールの惨劇事件を解決出来るとわかっていたのかもしれませんね。


葛城巧が渡した研究データを取りに行く


葛城巧が亡くなる一週間前、母親に研究データを渡していた。
母は、その研究データを東都のとある場所に隠したという。研究データを取りに行くため、東都に向かう三人。
そこにナイトローグとファウストのメカが襲いかかり、葛城の母をさらっていってしまう。


仮面ライダービルドが葛城の母と接触していたことは、前回ブラッドスタークに知られていたわけですし、こうなるのも仕方がありませんね。
とは言え、研究データを取らずにそのまま帰っても、おそらく葛城の母はファウストに拉致されますし。
むしろ、なぜ今まで葛城の母を拉致しなかったのでしょうか?研究データが欲しいなら普通はそうしているはずですがねえ?


スマッシュ化される葛城の母


ファウストに拉致された葛城の母は氷室幻徳の手によってスマッシュにされてしまう。
まんまと幻徳に騙され、研究データの在り処を渡してしまい、ファウストに接触した記憶も消されてしまった。
スマッシュにされた葛城の母はビルドによって元の人間に戻される。


幻徳が本物の悪なら、遺書がダミーであることぐらいはさすがに予想がつきました。
幻徳「彼が、親に感謝する人間だと思いますか?」
本当に彼がそうだったとしてもあえてそういうことを母親の前で言うのかい?


ファウストの襲撃


ビルドの手によって人間に戻った葛城の母は、戦兎らに研究データの本当の在り処を伝える。研究データを探し当てた戦兎らに、再びファウストが襲いかかる。
しかし、ブラッドスタークは研究データを龍我に託して逃がす。

ナイトローグ「貴様どういうつもりだ。」
ブラッドスターク「まあ聞けよ。俺達の狙いはデータじゃない、データを応用して、あれを完成させることだ。
ブラッドスターク「桐生戦兎ならそれができる。万丈龍我ならそれが使える」


研究データをパソコンにセットすると、「PROJECT BUILD」の文字が表示された。


やはり、ブラッドスタークの狙いはナイトローグとは別にあるようですね。あれとは何なんでしょうか?
「PROJECT BUILD」と何か関係があるかもしれません。
とりあえず、ブラッドスタークの発言から、万丈龍我が使うものであることは間違いないようです。
もしかしたら龍我は「PROJECT BUILD」を使って2号ライダーになるかもしれませんね。


第8話の感想まとめ


第8話をまとめます。


  • 葛城の母がスマッシュにされるも、無事救出
  • 葛城巧が残した研究データの中身は「PROJECT BUILD」
  • 「PROJECT BUILD」は戦兎が作り、龍我が使うもの
  • 2号ライダーに関係しているかもしれない
  • ブラッドスタークの狙いはナイトローグとは別にある
  • 今回もマスター不在時に、ブラッドスタークが出没


龍我が2号ライダーになる日が近そうですね。おそらく12話か13話あたりに龍我の初変身が見れるかもしれません。
変身する時は、ファウストのアジトに潜入する時に使った、あのドラゴンをガシェットとして使うのでしょうか?
何にしても葛城巧が残した研究データの「PROJECT BUILD」が関係していることは確かなようです。


もしかしたら、龍我が葛城巧の部屋に呼ばれたのは、葛城巧が「PROJECT BUILD」を龍我に使いたかったからではないでしょうか?
ブラッドスタークの発言から、「PROJECT BUILD」は戦兎が作るものだから、龍我が呼ばれる1時間前に戦兎が呼ばれるのも納得できます。
ファウストがそれを阻止する、もしくは奪うために葛城巧を殺したとすれば、それで全てがつながります。


そして、今回もマスター不在時にブラッドスタークが出ましたね。
マスターはブラッドスタークである説は濃厚だと思います。仮にそうだったとしても、マスターなりの思惑や事情があってブラッドスタークになっているのであって、完全に悪になっているわけでもなさそうです。


前回
次回
シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事