HOME > ブログ開発・収入 > FC2ブログで出来る10個のSEO対策

FC2ブログで出来る10個のSEO対策


FC2ブログでSEO対策をしよう.jpg

ご存じの方も多いかと思いますが、FC2ブログのデフォルトテンプレートではSEO上の問題を大量に抱えています。このせいで検索から全くヒットせず、いつまでもアクセス数が少なく、ブログをやめる人が後を絶ちません。

この悪循環を打開するためにFC2ブログで出来るSEO対策を10個まとめてみました。
ただし、この方法はHTMLやCSS、Javascriptの知識を必要とします。自信が無い方はそれらを勉強した上で実践することをおすすめします。





その1:画像の表示を最適化させる


デフォルトのテンプレートでは画像の表示が全く最適化されていません。
記事一覧表示時のサムネイルは小さい画像を表示しているにも関わらず、読み込む画像は元のサイズのままです。(画像を右クリックして、画像だけを表示すると、サイズがいかに大きいかがわかると思います。)
つまり、元の画像のサイズが大きければ大きいほど、無駄に読み込み時間が長くなるのです。
適切なサイズに圧縮された画像を読み込んで表示する必要があります。


修正方法は以下のとおりです。

画像表示の修正


上記の画像の反転させた箇所、「%topentry_image」を「%topentry_image_w300」に修正します。(terapadなどのテキストエディタを使用して、検索すればすぐに見つかります。)
これで通常サイズの画像ではなく、横300px縦200pxの小さく圧縮された画像が読み込まれます。
元の画像がスマホなどで撮影した数メガバイト以上の画像であれば、読み込みの速さを実感できるでしょう。


その2:コメントのパスワード入力欄の除去



デフォルトのテンプレートに必ずある、コメント投稿時のパスワード入力欄。これにはセキュリティ上の問題があります。form入力形式がpasswordであるにも関わらず、サイトの通信にHTTPSが使用されていないことから、第三者がパスワードの内容を読み取ることが出来るのです。
コメントを編集するためだけのパスワードなのでFC2IDのアカウントが乗っ取られるわけではありませんが、検索エンジンからマイナス評価を受けることは必至なので修正しておきましょう。
具体的にはinputタグのタイプpasswordの箇所を除去します。
下記の記事に詳細をまとめています。コメントの編集機能を残したまま、SEO対策をしたい場合も下記の記事を参考にしてださい。

関連記事

その3:JavaScriptの除去



デフォルトテンプレートのソースにはグリッド表示、リスト表示を切り替えるJavascriptコードがあります。
これを根こそぎ除去しましょう。ソースのヘッダに無駄なJavascriptコードがあると読み込みに遅延が発生します。

javascriptの除去

上記の画像の通り、20行目から続くJavascriptコードのことです。</script>まで削除します。
19行目のjqueryの指定も、サイト内でJavascriptを使用しないのであれば不要です。jqueryはJavascriptを容易に記述するためのものです。もともとのJavascriptを削除したのであれば必要ありません。
ソースコードの削除により、機能を失ったグリッド表示とリスト表示の切り替えボタンも忘れずに削除しておきましょう。


その4:CSSの最適化




デフォルトのテンプレートの状態では、CSSに無駄なコメントが大量に挿入されています。おまけにインライン処理もされていません。
これではサイトの表示に時間がかかってしまいます。
PageSpeed InsightsでCSSを最適化してもらいましょう。

使い方は簡単です。PageSpeed Insightsに自分のサイトのURLを入力。分析ボタンを押した後に表示される最適化されたCSSをダウンロードしてそのままコピペすればいいだけです。

最適化したスタイルシートのダウンロード

これでCSSが軽量化され、サイトの表示速度も上がるでしょう。


その5:ブロとも・相互リンク募集停止



アクセス数を稼ぐために「ブロとも」や「相互リンク」を募集したりしていませんか?
はっきり言ってそれらは逆効果です。何故かと言うとそれらを募集しているブログのほとんどはグーグルが提唱する「コンテンツが充実していないサイト」だからです。
そういったサイトから相互リンクをしても、検索エンジンからマイナス評価を受けるだけです。結果的に検索からアクセスされなくなります。

仮にコンテンツが充実したサイトだとしても、サイトの最適化や、先に挙げたセキュリティの問題が解決されていない可能性もあります。そんな中での募集は、かなりリスキーだと考えます。
SEOを気にしてブログ運営をするのであれば「ブロとも」や「相互リンク」の募集はやめましょう。他のユーザーとの交流がしたいのであれば、SNSで活動すれば良いと思います。

ブロともの募集停止は「ブログの管理画面」から「コミュニティ」の「設定」で行えます。ブロとも申請受付を無効に、スパムチェックを有効にしましょう。

ブロともの設定

その6:コメント・トラックバックのコーナーを除去


ブログ運営に集中したいなら、コメントとトラックバックのコーナーを除去しましょう。
記事の内容と全く関係ないコメントが寄せられると検索エンジンからマイナス評価を受ける場合もあります。
それから批判コメントなどが殺到すると、モチベーションも下がりますし。
SEOだけでなく、ブログ運営に集中するためにもコメントとトラックバックのコーナーを除去しましょう。

基本的に、テンプレートの<comment_area>や<trackback_area>などで囲われた箇所を根こそぎ削除すれば良いだけです。
詳しくは下記の関連記事をご覧ください。

関連記事

その7:有料版への登録



有料版に登録して、独自ドメインを取得しましょう。
特に無料版FC2ブログのスマホテンプレートでは尋常じゃない量の広告が挿入され、SEO上かなりの問題を抱えてしまいます。それらを除去するには有料版に登録する以外ありません。FC2ブログ有料版と独自ドメイン代を合わせて月額約400円程度と他のブログサイトよりは手頃です。
真剣にブログ運営をするのであれば有料版に登録しておきましょう。
独自ドメインを取得することで検索の上位にも表示されます。


その8:可能な限りテキストを使用する


サイトに画像を挿入するだけで、表示にかなりの遅延が発生します。可能な限りテキストを使用し、サイトの表示速度を上げます。
もちろん動画やflashの挿入なんて論外です。やめましょう。
CSSの過剰装飾も例外ではありません。ブログに個性を出したいなら記事の中身で出しましょう。
私も、いずれはページナビや見出しに使われている画像を除去することにします。


その9:アフィリエイトリンクの除去


アフィリエイトリンクによってはSEO上問題があります。グーグルボットのクロールをブロックするアフィリエイトリンクのせいで、検索に表示されなくなる事があります。
そのようなことが発覚次第、該当のリンクは除去しておきましょう。
こういったことはグーグルサーチコンソールを使用していればわかります。

関連記事
また、これまで勉強のためにいろんなブログサイトを見てきましたが、両サイドバーのみならずページの上下にも大量のアフィリエイトリンクを貼り付けているサイトもあります。そのようなサイトは非常に表示速度が遅く、どんなに良い記事を書いたとしても読まれることはありません。アフィリエイトで収益を上げたい気持ちはわかりますが、重要なのはサイトのコンテンツです。コンテンツが充実していなければアフィリエイトで収益を上げることは不可能です。仲間内で広告クリックしあって月に数百円程度というレベルしか到達できないでしょう。
過剰なアフィリエイトリンクは除去するべきです。


その10:アクセス解析ツールの導入


FC2アクセス解析ツール、PTengine、アナリティクス、グーグルサーチコンソールなどのアクセス解析ツールを導入します。これにより、どのような記事が読まれているか、どんな検索ワードで表示されているかを知ることができます。今後のブログ運営の指針になるでしょう。
これらのツールはできるだけ早めに導入しておいたほうが良いです。初めてブログ運営をしたところで、出来ることは限られています。アクセス解析ツールを有効に使用して、手堅いブログ運営を行いましょう。

まとめ



FC2ブログで出来るSEO対策をまとめます。

  • 画像の表示を最適化させ、サイトを軽量化する
  • コメントのパスワード入力欄の除去(セキュリティ対策)
  • JavaScriptを除去して表示速度を上げる
  • PageSpeed InsightsでCSSを最適化させる
  • ブロとも・相互リンクの禁止
  • コメント・トラックバックを禁止にして安定したブログ運営を行う
  • 有料版へ登録して独自ドメイン取得とFC2広告の除去を行う
  • 可能な限りテキストを使用し、画像の使用は極力避ける
  • SEOに問題のあるアフィリエイトリンクの除去
  • アクセス解析ツールの導入で手堅いブログ運営を行う

これまでSEO対策を挙げてきましたが、重要なのは何と言ってもサイト内のコンテンツ、記事です。良質で、建設的な記事を書けないようでは、どれだけSEO対策を行ったとしても意味がないでしょう。
SEO対策は、良質な記事が書けるようになってからでも遅くはありません。
アクセス数を伸ばしたいのであれば、皆が読みたくなるような良質な記事を書きましょう。

シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事