HOME > ブログ開発・収入 > もしもアフィリエイトはSEO上、問題があるかもしれない

もしもアフィリエイトはSEO上、問題があるかもしれない


SEOに問題がある可能性.jpg

もしもアフィリエイトのリンクはSEO対策上、問題があるかもしれません。
そう思うに至った、根拠とデータをこの記事で紹介します。






もしもアフィリエイトのリンクは「ブロックされたリソース」に該当する




グーグルサーチコンソールのブロックされたリソースを見ると、こんなデータが表示されました。


ブロックされたリソースのグラフ


ブロックされたリソース64。該当するホストは「i.moshimo.com」
全てもしもアフィリエイトのアフィリエイトリンクです。
グーグルのボットをもしもアフィリエイトのインプレッション数としてカウントしないように、ボットをブロックしていることが原因のようです。

結果的に、グーグルのボットはもしもアフィリエイトのリンクを「ブロックされたリソース」としてカウントされます。
ブロックされたグーグルのボットは、もしもアフィリエイトのリンクが何なのかわからないため、正常にインデックスされなくなります。
正常にインデックスされなくなるということは、検索で全くヒットしなくなるということです。
つまり、もしもアフィリエイトのリンクを貼るとグーグルの検索で全くヒットしなくなるのです。これはブログ運営を行う上で非常に致命的な問題です。




露骨にPV数の低下を確認




最近、露骨にPV数の低下を確認しました。
私は毎週日曜日に放送される仮面ライダービルドの感想記事を書いています。
事件が起こる前の週の仮面ライダービルド感想記事のPVは、1日でおよそ100PVとなっています。(PTエンジンのデータより。)

いつもの仮面ライダービルド記事のPVは100ぐらい


しかし、そこにもしもアフィリエイトのリンクを貼ると、驚くべきことにたったの3PVで全てノーリファラーです。
検索から全くヒットしていない決定的な証拠です。


仮面ライダービルド記事のPV低下


色んな人から見られたいから記事を書いているのに、これでは本末転倒です。


対策




もしもアフィリエイトのリンクを貼った記事は正常にインデックスされなくなる可能性があります。
よって、60記事以上に貼られている、もしもアフィリエイトのリンクを全て除去します。
それからもしもアフィリエイトは退会することにします。
SEO上の問題があるアフィリエイトに関わっても百害あって一利なしですし。


巷では、「アフィリエイトリンクはしっかり貼っておかないと機会損失だ」と言われていますが、SEOにマイナス評価をされるアフィリエイトリンクを貼り付けることの方がよっぽど機会損失だと思います。
60記事以上にもしもアフィリエイトのリンクを貼り付けても、未だに収益はゼロですからね。ただ闇雲にアフィリエイトリンクを貼り付ければいいっていう問題ではありません。
特にSEOにマイナス評価されるアフィリエイトリンクの貼付けは自殺行為です。


2017年10月10日追記
リンクを削除したその後の話をまとめました。

関連記事
シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事