HOME > 雑記 > 【ストレスが溜まる】私が麻雀をやめた理由

【ストレスが溜まる】私が麻雀をやめた理由


麻雀はストレスが溜まる.jpg



高校生の頃からずっとやってきた麻雀。
その麻雀をつい最近きっぱりやめました。
主にストレスが溜まるのが原因ですが、もちろんそれ以外にも理由はあります。

今日は私が麻雀をやめた理由について書きます。
麻雀の誘いを断れない方の参考になれば幸いです。






麻雀で勝てない上にストレスが溜まる



私「よっしゃ!!(中捨て)」
友人ABC「「「ロン!!!!!!」」」
友人A「大三元!!」友人B「四暗刻単騎!!」友人C「国士無双!!」
私「アーッ!!」
(元ネタ:クレしん映画)


これほど露骨ではありませんが、雑な手を打ってしまうと、あっという間に袋叩きに合います。
麻雀は基本的に耐えて、相手を読むゲームです。相手の手筋を読んで、ツモを待つ運ゲーでもあります。
この時点で、豆腐メンタルな私には向いていません。
頑張って練習すれば勝てるようになる囲碁や将棋などと違って、麻雀は運と忍耐の要素が高すぎるのです。

18禁ゲームのイカサマージャンなら暇つぶしとして面白いですが、対人戦となるとメンタルの弱い私はただのカモです。
どうあがいても勝てませんし、ストレスも貯まります。
昔は麻雀に強くなろうと思ってあれこれ麻雀関係の本を読んだりしましたが、大して強くなりませんでした。
最初から麻雀の才能がなかったのかもしれませんね。



麻雀をやっている人はヤバイ人という世間のイメージ



麻雀をやっている人はヤバイ人という世間のイメージもあります。

例えば、私が東大生や京大生なら「麻雀は脳にいいですからね~」と言われるかもしれません。
ですが、あいにく私は三流私立大学出身の無職です。
「趣味は麻雀です」なんて言うと、「ただのダメ人間じゃないか」「違法賭博でもしているの?」「暴力団の関係者?」などと言われるだけです。
もちろん、就職活動で言ったら即アウトです。(経営者が麻雀好きという例外もありますが、そういうのは大抵ろくでもないブラック企業です)

名門大学出身で麻雀好きの人が評価されるのは、大学のブランドがあるからに過ぎません。
基本的に、麻雀に対する世間のイメージは最悪です。
つまり麻雀を続けるということは、自分の評価を下げるリスクがあるということです。



ぶっちゃけドンジャラのほうが面白いかも



麻雀は役を覚えるのが大変です。
麻雀から離れて結構経つ私は、平和や一盃口などの普段使わない役を忘れてしまいました。

テレビなどで麻雀は世代を超えて楽しめると言われていますが、役の多さから子供には難しすぎるようにも見えます。
むしろ、ドンジャラのほうが世代を超えて楽しめると思います。
ドンジャラは基本的に同じ絵柄を3つ集めていけば上がれる簡単なルールになっています。
最近はチロルチョコのドンジャラや子供向けアニメのドンジャラも登場して、子供でも親しみやすくなっています。変な鳥の絵や、意味の分からない漢字が書かれた麻雀とはわけが違います。

そういったことも考慮すると、麻雀をやるよりドンジャラをやったほうが、みんなで楽しめるでしょう。



麻雀をやる友達がいなくなった



大学生の頃は付き合いなどでやっていましたが、卒業した今となってはそんなしがらみはありません。
麻雀を始めるきっかけとなった18禁イカサマージャンも、最近は新作が見当たらなくなってきて、マンネリ化が深刻です。

オンラインの麻雀ゲームをすればいいかと思いますが、弱い私は点棒を渡すだけのカモです。
それに、ネトゲは露骨な挑発や罵詈雑言の嵐で不快になるのでしません。
相手がいない上に弱いなら、無理をしてやる必要はないと思います。ストレスが溜まるだけですし。



単純に忙しくなった



単純に忙しくなったのも理由としてあります。
前述で私は無職と言いましたが、ブログ運営と開発でそれなりにマネタイズしていますし、書籍を購入して情報収集もしっかりしないといけません。
いずれはブログ運営で生計を立てるレベルまで成長したいと考えています。

そのために、今やらないといけないことは山ほどあります。
最近はやりたいこと、やらないといけないことが山積みで消化不良気味です。
勝てない麻雀やってストレスを溜めるほど暇じゃありません。


そもそも実生活の何の役にも立たない



高校生の頃から麻雀始めてかれこれ10年ぐらい経ちますが、麻雀が実生活で役に立ったことがありません。
むしろ、「無駄な時間を過ごしてしまった」と後悔する場面が多いです。
実生活で役に立たないという意味ではゲームも同じですが、ゲームと違って麻雀はストレスが溜まります。

テレビの健康番組で東大生や京大生が登場して「麻雀は脳に良い」「認知症対策に効果がある」などと訴えていますが、嫌いなものを無理してやることの方がよっぽど脳に悪いと思います。
それから、番組のプロデューサーが麻雀好きで、麻雀のイメージを良くしたいから、そういう内容の番組を放送しているのではないかと疑心暗鬼になってしまいます。


まとめ




私が麻雀をやめた理由をまとめます。


・麻雀で勝てないしストレスが溜まる
・麻雀をやっているとダメ人間呼ばわりされそう
・一部の役を忘れてしまった
・単なる暇つぶしならドンジャラのほうが面白く感じる
・麻雀をやるしがらみが無くなった
・今忙しい
・実生活の何の役にも立たない



やっぱり、麻雀をやっていてストレスが溜まるというのが大きいですね。
嫌いなものを無理してやるなんて、出来ませんし。

それから世間のイメージも無視できませんね。
普段からブログ内で「世間体なんて気にするな」と言っていますが、世間体を気にしないで行動を起こすのはかなり勇気が必要になります。
まだまだ豆腐メンタルな私にとっては厳しいものです。






シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事