HOME > 艦これ・軍事 > 艦これ2017年9月29日メンテ感想

艦これ2017年9月29日メンテ感想



秋刀魚漁



このメンテをもって、秋刀魚漁が始まります。
また、海防艦関係のアップデートもされたようです。






秋刀魚漁支援開始!!




秋刀魚漁が始まります。
今年の秋刀魚漁に必要な秋刀魚の数は30尾。去年の秋刀魚漁より、6尾も増えています。
期間は2週間程の予定です。


とりあえず昨夜、私は下記の編成で3-3に出撃して、秋刀魚を数尾ゲットしました。


秋刀魚漁編成3-3


いつもの3-3二航戦牧場の編成を少しいじって、秋刀魚漁装備を増やしています。
空母は基本的に零式ソナー以外の秋刀魚漁装備を装備できないので、他の艦を利用しています。

巷ではソードフィッシュが秋刀魚漁に効果のある装備だと言われていますが、まだ検証中だそうです。


一応、最初の任務「秋刀魚漁:「秋刀魚」を収穫する所存です!」をクリアしました。

予想通り報酬は選択式でした。
最初の選択肢は家具職人と、改修資材4個。
どうみても改修資材即決ですねww


秋刀魚漁任務1


選択肢を選んだ後も、また選択肢が登場します。
今度は3つの選択式、三式ソナー、探照灯、戦闘糧食4個。
三式ソナーは余っているし、探照灯も腐るほどあるので、ネジに変換出来る戦闘糧食4個を選択しました。


秋刀魚漁任務2


次の任務は12尾、最後の任務が30尾となっています。
今のところ10尾確保できているので、多分余裕にクリアできると思いますが、数が増えるたびに取れにくくなるので、油断はできません。
なるべく早めにクリアします。



海防艦、通常海域限定ドロップ




これまで実装された海防艦の択捉、占守、国後、松輪が通常海域で限定ドロップします。
松輪は前回の夏イベで実装されてわずか数週間でのドロップ落ち。
限定とは言え、多分史上最速のドロップ落ちではないでしょうか?

今のところwikiにはドロップ情報が上がっていませんが、時間の問題でしょう。
多分この週末である程度ドロップ情報が上がると思います。
とは言え後述の運改修効果もあるので、ドロップ率はかなり低めに設定されているかもしれません。



海防艦の近代化改修で運と対潜が上昇




運営のツイート見た時に「まじか...」って思いましたね
夏イベで択捉ドロップしたのに、ついこないだ近代化改修に使ってしまいましたから。(なんというバッドタイミング)
取っておけばよかった.....択捉......。


それにしても対潜値上昇ならまだしも、なんで海防艦を使って運が上がるんでしょうかね?
頭の悪い私が頑張って考えてみました。


海防艦は米潜水艦の魚雷攻撃を受ける

アメリカ製の魚雷は不良品が多く、不発することがしばしば。

つまり魚雷をモロに食らうかどうかは運ゲー

よって運上昇効果?


こんな感じかな?
んー、でもあんまり納得できないな。
運上昇効果は歓迎しますが、どんな理由があってのことでしょうかねえ?
まあ深くは気にしないほうが良いかな。



メンテの感想まとめ




夏イベで消耗した資源が復活し始めた矢先に秋刀魚漁が始まり、休む間がありません。
結構しんどいですが、wikiによると最終任務の報酬としてType124 ASDICソナーが手に入ります。

Type124 ASDICは改修更新で上位装備に更新できるものと思われます。
また、上位装備のType144/147 ASDICはASW(対潜戦)に必要になる装備であることが説明欄で明言されています。
今後イベントを有利に進めるためにも、ここでType124 ASDICを確保しておきたいですね。


海防艦の運改修もそのうち流行しそうですね。
とは言え、多分ドロップ率は低いでしょうから、今はまだ無理をして海防艦掘りしに行く必要もないかと思います。
今はまだ先行実装段階で、これからまた新たに何かしら追加のアップデートがあるかもしれませんし。
それよりも、先に装備の改修やレベリングをやりましょう。






シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事