HOME > 艦これ・軍事 > 【艦これ】2017年8月ランカー報酬の感想

【艦これ】2017年8月ランカー報酬の感想


艦これランカー報酬の感想.jpg


艦これ運営が「今後新規実装する艦に関係している」という今回の装備。
イギリス製の対潜ソナーの登場です。







Type124 ASDIC




対潜+11
命中+2
回避+1



ランキング入りした全ての提督に配布された、このイギリス製対潜ソナー、ASDICシリーズの124型
対潜値を見ると、三式ソナーよりは高いものの四式ソナーには及びません。
とは言え、対潜値以外の数値でそれぞれ差別化されているので、完全に互換があるとは言えない模様。

おそらくこれぐらいの性能であれば、新規実装予定艦の初期装備か、改造後に持ってくる装備になるのではないかと思われます。
今は改修不可能ですが、いずれ改修可能化し、上位のASDICに改修更新できるようになるでしょう。
その際には結構な量のネジと三式ソナーが必要になるかもしれませんね。


何にせよ、ソードフィッシュでイギリス装備に残念感が漂っていましたが、このASDICシリーズで名誉挽回できそうですね。
私は強い装備の実装は大歓迎です。



Type144/147 ASDIC




対潜+13
命中+3
回避+1



装備の説明文を読むと、ASDICシリーズの144型と147型の複合型だそうです。
説明文の続きに書いてある、「ヘッジホッグやスキッドなどの進んだ対潜火器と組み合わせることで、より強力なASW(対潜戦)が可能となります」ってなんだろうか。


ウィキペディアによると
ヘッジホッグはイギリスが開発した対潜迫撃砲で、通常の爆雷よりも一度に広範囲にダメージを与える事ができる装備。
スキッドも同様に対潜迫撃砲のシステムとのこと。


つまり、潜水艦を発見するソナーと違い、爆雷のように直接対潜攻撃をする装備ということですね。
爆雷よりも高性能化されていることを考慮すると、装備の種類も爆雷ではなく「対潜迫撃砲」という独自の装備カテゴリになりそう。
このヘッジホッグやスキッドも新規実装艦が持ってくるのでしょうかね?

まあ何にせよ説明文から、このType144/147 ASDICにはASW(対潜戦)に必要な装備である可能性は高く、イベント報酬で配布される際には、出来れば確保しておきたいですね。
ASW(対潜戦)がどんなものなのか、まだはっきりわかってはいませんが、先制対潜攻撃のように戦闘において必須になってくるでしょう。



HF/DF+Type144/147 ASDIC




対潜+15
索敵+2
命中+3
回避+2



144型と147型の複合型のASDICに、さらに短波方向探知機を組み合わせたのがこの装備。
その対潜値は脅威の+15と三式ソナーの1.5倍です。
対潜値以外の性能でも、これまで使用してきた対潜ソナーを凌駕するほどの高性能な装備です。
Type144/147 ASDICがASW(対潜戦)に必要になるかもしれない装備であることを考慮すると、このHF/DF+Type144/147 ASDICもASW(対潜戦)に関係する装備になる可能性があります。


これだけ性能が高いとなると、イベントでの報酬は間違いなく甲作戦限定でしょうね。
運営もこんなに高性能な装備をホイホイ配布することはないでしょうし、次のイベントの甲作戦はかなりの高難易度になるでしょう。
次のイベントは小規模作戦になることが予想されることから、そろそろ私も甲提督デビューしようと思っていましたが、やめたほうが良さそうですね。






感想




2017年8月ランカー報酬の感想を書きます。


まず、イギリスの装備を見直しましたね。
ソードフィッシュでイギリス装備を完全に舐めていました。
まさか対潜ソナーがこれほど強力だとは思ってもいませんでした。
もちろん対潜ソナーだけでなく史実では対潜迫撃砲などの強力な対潜装備を持っていることから、イギリスの対潜能力はかなり強力であることが伺えます。(まあドイツのUボートに対抗しないといけないわけだから、強力になるのも頷けますね。)

あんまり史実に詳しくありませんが、イギリスの対潜能力がこれほど強力なら、同盟国のアメリカは、きっとバケモノレベルでしょうね。
はやくアメリカの装備が実装されないかなあ...。

新しく追加されるASW(対潜戦)や新艦がどうなるのかも気になりますね。
次のイベントまで楽しみに待っています。



シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事