HOME > ブログ開発・収入 > 私がブログのコメント欄を除去した、5つの理由

私がブログのコメント欄を除去した、5つの理由




ブログコメント欄の除去の理由.jpg



先ほど、ブログのコメント欄とトラックバック欄を除去しました。
これまでコメントしてくださった方々には本当に申し訳ありませんが、これには深い理由があります。
この記事では私がブログのコメント欄を除去するに至った理由について説明します。



FC2ブログでブログのコメント欄とトラックバック欄を除去する方法は後ほど紹介します。

追記:書きました。

関連記事






理由その1:記事の制作に集中できない




第一に、記事の制作に集中出来ないことが挙げられます。

今はコメントが大量に来ているわけではありませんが、ちょくちょくコメントは来ています。
もちろん記事にコメントが来たらしっかり返信をしないといけません。
最近では、その返信を書く作業にかなり時間がかかってしまいます。
このままブログが成長していけば、いずれはコメントの返信作業だけで一日が潰れてしまうかもしれません。

ブログはあくまでも記事が主体です。

質の良い記事が存在しなければブログは成り立ちません。
コメントをした個人に時間を割くよりも、みんなが読む記事の精錬にもっと時間を割いたほうが良いと、私は考えます。




理由その2:批判コメントが物凄く恐い



私のメンタルが弱すぎで、ちょっとでも偏った意見の記事を投稿した後は、「批判のコメントが殺到するんじゃないか」とか「炎上するんじゃないか」などとビクビクしながら過ごしています。
最近ではそれが顕著になってきて、体調不良気味です。

これまで自分なりにNGワードやコメント承認制の設定をして対策をしてきました。
しかし、スラッシュや点で区切ってしまえばNGワード設定は意味がありません。
承認制にするにしても、結局自分がその批判コメントを読まないといけないのです。

このままでは批判コメントを恐れて、ブログ運営ができなくなります。
もっとも、批判されるような記事を書くほうが悪いかと思いますが、検索をして調べて見る限り、何でもない普通の記事にも難癖つけた批判コメントや、最悪の場合には殺害予告などがコメント欄に書かれてしまうこともあるそうです。


それらを考慮すると、ブログのコメント欄をそのまま残すことはかなりリスキーだと思います。



理由その3:SEO的に問題がある




ブログのコメント欄を残すことのリスクはまだまだあります。

ブログの記事に、記事の内容とは関係ないコメントがされた場合、検索順位にペナルティが課せられるそうです。
実際にペナルティが出たという明確なデータは見つかっていませんが、記事のページと同じページにコメント欄があることを考慮すると、あり得る話だと思います。

ただの的外れな批判コメントであれば消去すれば済む話です。
しかし、良心的な代わりに的外れなコメントであれば、なかなか削除出来ないと思います。
今のところそのようなコメントは届いていませんが、今後届く可能性はあります。
そうなった場合、PVの低下は免れないでしょう。



理由その4:NGコメントの設定やコメント承認制に疲れた


NGコメント設定やコメント承認制が疲れる.jpg



リスク以外にも、NGコメントやコメント承認制などの設定に疲れたという理由もあります。


NGコメントの設定ほど辛いものはありません。
NGコメントは、設定する際に禁止したい汚い言葉(悪口や下品な言葉など)を記入する必要があるのです。
汚い言葉を見たくないのに、自分で汚い言葉を考えて設定しなければいけないのです。(なんというマゾ仕様)
それに、NGコメント設定したとしても、スラッシュや点などで区切って投稿すると、NGコメント設定の網をすり抜けてしまいます。
苦労してNGワード設定をしても汚い言葉はどうしても届いてしまうのです。


コメントの承認制も疲れます。
今はそれほどコメントが大量に来るわけではありませんが、良識あるコメントでも大量に来られると処理に困ります。
このコメントは通して良いのかダメなのか一つ一つ考えて判断する必要があるのです。
おまけに、そのコメントに対する返信も考えていたら時間がいくらあっても足りません


NGコメントの設定やコメント承認制には本当に疲れ果てました。



理由その5:記事が読まれているかどうかは滞在時間で判断するので問題ない




記事が読まれているかどうかという判断はコメントじゃなくても、アナリティクスなどのアクセス解析ツールの滞在時間を見れば良いと思います。

実際、これまでブログ運営をやってきて、記事をほとんど読んでいない上に的外れなコメントをする方もいました。
記事が読まれているかどうかはコメント数とは関係ないと思います。
むしろ重視するべきは、アクセス解析ツールに表示される、記事ごとの平均滞在時間。

コメント欄はユーザーとの意思疎通や交流をするツールですが、単にブログ開発と運営がしたいだけなら、コメント欄は不要だと私は考えます。




まとめ



まとめます。
私がブログのコメント欄を除去した理由は以下の通りです。


・記事の制作に集中するため
・批判コメントの脅威を除去するため
・SEO対策のため
・NGコメント設定やコメント承認制などの設定が煩わしいため
・単にブログ開発と運営がしたいのでコメント欄は不要だから



重ねて申し上げます。
これまで記事にコメントをしてくださった方々には申し訳ありませんが、
コメントは全て非表示にし、これ以上コメントを投稿できない状態にしました。

もっとクオリティの高い記事を制作し、メンタルを一定に保つためです。
ご理解とご協力をお願いします。




シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事