HOME > 豆腐メンタル対策実践編 > 正しい座禅と3つのメリット

正しい座禅と3つのメリット



正しい座禅とメリット.jpg


静を手に入れ、心を穏やかにするには、座禅をすることが一番です。
今日は正しい座禅をする方法と、座禅によるメリットを解説します。




※この記事で紹介する正しい座禅は特定の宗教や宗派とは無関係です。体や心の仕組みに基づいて正しいと考えられるものを調べて作られました。







正しい座禅



座禅も正しい環境や姿勢、心の持ち方で行わなければ、効果はあまり期待できません。
正しい座禅を行うためのポイントを以下にまとめました。


・人工的な光や音を出す物(テレビやPC、スマホなど)の電源を切るか、遠ざける
・足を組み、背筋をピンと伸ばして床に座る
・視線は遠くに向け、目を閉じる
・息は少しずつ音を立てずに鼻から吸い、口から吐く
・イメージするのは無機質で何もない真っ白な空間
・心は喜怒哀楽どれにも当てはまらない中央に置く




まずは意識を集中させるために、人工的な光や音を出す物(テレビやPC、スマホなど)の電源を全て切るか、遠ざけましょう。
出来れば照明も切って、窓とカーテンを開けましょう。部屋に新鮮な空気を送り込むことで意識をクリアにさせます。

床に座って足を組みます。座布団を敷いても構いません。
足の組み方は胡座(あぐら)でも結跏趺坐(けっかふざ)でも半跏趺坐(はんかふざ)でも構いません。足の組み方にこだわらず、リラックスして座りましょう。
お尻から頭まで軸を意識して、背筋をピンと伸ばします。背筋を伸ばすことで、呼吸が楽になります。

視線を顔ごと遠くに向けます。顔が下向きだと呼吸が難しくなります。
目を閉じましょう。視覚からの情報をシャットアウトすることで、より意識を集中させます。

息は少しずつ、音を立てずに鼻から吸い、少しずつ、音を立てずに口から吐きます。
少しずつ呼吸を行うことで血圧を下げ、副交感神経を優位にさせます。この呼吸を繰り返すことで、数分後には心が落ち着いてリラックスできます。

呼吸で心が落ち着いてきたら、次は無機質で何もない真っ白な空間をイメージします。
何もない空間をイメージすることで、さらに心を落ち着かせます。カーブのない直線道路を永遠と走行することで眠くなることと理屈は同じです。

最後に、心は喜怒哀楽どれにも当てはまらない中央を意識します。
難しい場合は顔を無表情にさせます。表情筋の力を抜き、顔が無表情になれば自然と心もフラットになります。


これで正しい座禅は完了です。
次の項から座禅を行うことによるメリットを紹介します。



メリット1:日常の慌ただしさを忘れる




あなたは日常的に慌ただしく仕事や作業をしていませんか?
働くのは結構なことですが、忙しさが慢性化すると重大な判断ミスや事故を起こしてしまう可能性も浮上します。
それらを防ぐためにも、座禅を行い、日常の慌ただしさを忘れ、鈍った判断力や決断力を研ぎ直す必要があるのです。


メリット2:副交感神経が優位に働きリラックスできる


リラックス効果.jpg


人間の体で無意識的に行われる動作(発汗、食べ物の消化、血管を収縮もしくは拡張など)は全て自律神経が管理しています。
自律神経系は交感神経と副交感神経の2つに分かれます。
簡単に言うと、交感神経は体を動かすアクセルの役割を、副交感神経は体を休ませるブレーキの役割をします。

日中は活発に活動するために交感神経が優位になり、夜は休むために副交感神経が優位になるのが理想的ですが、毎日忙しく仕事をこなす現代人のほとんどは、夜になっても交感神経が優位になっています。
結果的に、朝起きても疲れが取れない、日中に眠くなる、夜眠れないなどの症状に悩まされます

そこで座禅をしましょう。
座禅をする際にPCやテレビの電源を切り、呼吸を整え、目を閉じて心を落ち着かせることで、副交感神経が優位に働き、リラックスできます。
眠れないからと言って無理して睡眠薬を利用しつづけるよりも、寝る前の30分間に座禅を試してみませんか?
きっと心が落ち着き、寝付きが良くなると思います。


関連記事


メリット3:感情的にならない心になる




座禅を習慣的に行うことによるメリットは、単なる健康維持にとどまりません。
座禅を行うことで、感情的にならない心を手に入れることができます。

感情的にならない心を手に入れる。これだけで人間関係のトラブルは大幅になくなります。
人間関係のトラブルの大半は人間の感情によって作られるものです。

相手の怒りの感情に対して、怒りの感情で返すと、火に油を注ぐように争いの炎は燃え上がります。
もし相手に怒りの感情を向けられたら、平常心で返す。これが争いを早期解決するための唯一の方法なのです。
そのための訓練が座禅なのです。


関連記事



まとめ





もう一度、正しい座禅をおさらいします。


・人工的な光や音を出す物(テレビやPC、スマホなど)の電源を切るか、遠ざける
・足を組み、背筋をピンと伸ばして床に座る
・視線は遠くに向け、目を閉じる
・息は少しずつ音を立てずに鼻から吸い、口から吐く
・イメージするのは無機質で何もない真っ白な空間
・心は喜怒哀楽どれにも当てはまらない中央に置く




この座禅によるメリットは以下のとおりです。

・慌ただしさを忘れ、判断力と決断力を研ぎ直す
・自律神経のバランスを整え、疲れにくい体にする
・感情的にならない心を手に入れ、無用な争いを起こさない




シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事