HOME > 仮面ライダー > 仮面ライダービルド第2話「無実のランナウェイ」の感想

仮面ライダービルド第2話「無実のランナウェイ」の感想





脱獄犯、万丈龍我を逃したことで指名手配されてしまう仮面ライダービルド。
第2話の感想を書きます。









これまでのあらすじ




刑務所を脱獄した万丈龍我と共に研究所の追っ手から逃げる桐生戦兎。
その際に仮面ライダービルドに変身していたことから、ビルドは指名手配犯にされてしまった。



龍我の事情を聞く



スマッシュの人体実験をしている組織の手がかりがつかめるかもしれないと思った戦兎は、龍我の話を聞くことに。


龍我「俺が生まれたのは横浜の産婦人科だった」(nice boat...)
戦兎「誰が生い立ちから話せっつったよ」


そこからかいwwww第1章、誕生wwwww

龍我の話によると、科学者の男に騙され、殺人現場に現れたところに警察に逮捕されたという。



ジャーナリストが秘密をバラそうとする




戦兎が落としたマッチを手がかりに地下の秘密基地まで押しかけるジャーナリスト。
ジャーナリスト「そこはウィンウィンの関係で」


仮面ライダービルドの秘密が知られてしまった以上、ライダー側は明らかにウィンじゃないんですが.....
それからマスコミって本当に命知らずですね。そんなことをしているから、スマッシュに襲われるんじゃないのでしょうか?
エグゼイドの九条貴利矢みたいに、敵組織のボスに消されそうな気がして本当に危なっかしいです。(特に三ヶ月後のクリスマス頃が怪しい)


スマッシュからフルボトルが出来るまで



スマッシュになってしまった人間を助けるには、スマッシュを倒して成分を抜き取る必要がある。
そして、抜き取った成分を美空が浄化することで、フルボトルが出来上がる。


つまり、スマッシュが登場するたびにフルボトルが増えるというわけですね。わかります。



龍我、また脱走する




交際相手の香澄が組織の人間にスマッシュの人体実験をされていることを知った龍我は、仮面ライダーの秘密基地から脱走する。
脱走後、単身敵組織に向かう途中、政府のメカソルジャーに捕捉される。


ぐるぐるに縛られていた鎖を、自力で引きちぎって脱走。(なんていう怪力)
そもそも、鎖を引きちぎるほどの怪力男をどうやって鎖で縛ったんですかねえw?
それから政府のメカソルジャーの捕捉早すぎませんか?




香澄はスマッシュにされてしまった



戦兎を気絶させてまで、香澄に会いに行こうとした龍我は、スマッシュ化された香澄に接触する。
そこに香澄をスマッシュ化させた張本人、ナイトローグが現れる。


エグゼイドの始めの頃に出てきたゲンムと同じように、ナイトローグの声が加工されていますね。
もしかしたら意外な人物がナイトローグなのかもしれません。たとえば、ひm(うわ、なにするやめr)
そして、まだ2話なのに主人公の仲間の恋人が殺されるという超シリアス展開。
これはそのうちにライダー側の重要人物が消される伏線なのでしょうか?



事件のカギを握るのは鍋島正弘




龍我を死んだ科学者のもとに向かわせたのは香澄。
その香澄に指示をしたのが鍋島正弘という男
ジャーナリストによると、この男は龍我を気絶させた刑務所の看守である。


スマッシュの人体実験のグループに内通している可能性がかなり高いですね。
次の回ぐらいで、ビルドと勝負することになりそう。
でも多分下っ端だから、負けたら口封じに消されるんでしょうね。



第2話の感想まとめ


第2話をまとめます。


・ジャーナリストがかなり危なっかしい(九条貴利矢の二の舞いフラグ?)
・龍我の交際相手の香澄はスマッシュにされ、結局助けることができなかった
・龍我を騙してスマッシュの人体実験させたのは鍋島正弘



二話にしてかなり濃密な展開。
敵組織のボス、ナイトローグの声が加工されているということは、ナイトローグの声の主はすでに登場人物の中にいるという解釈で良いのでしょうか?
だって、まだ登場していないなら、わざわざ声を加工する必要なんてないじゃないですか。

ジャーナリストは本当に危なっかしいですね。三ヶ月後のクリスマスまで生き残っているかどうかも怪しいです。
それまでにスマッシュの人体実験に利用されそう。ついでで記憶も消せますし。




前回

次回

シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事