HOME > 艦これ・軍事 > 【艦これ】2017年7月ランカー報酬の感想

【艦これ】2017年7月ランカー報酬の感想


ランカー報酬の感想.jpg



新カテゴリ、夜間戦闘機の登場です。
これで今後の艦これのシステムがどう変わるのでしょうか。
夏イベで配られた新型航空兵装資材の使いみちも視野に入れて考えました。







2017年7月のランカー報酬




以下、運営電文より引用。


内容詳細は下記の通りです。
【七月作戦】
--------------------------------------------------------------
聯合艦隊基幹艦隊(1~5位)
●[海外新型夜戦] F6F-5N new!
●[海外夜戦] F6F-3N new!
●[艦橋兵装] 15m二重測距儀+21号電探改二
●[潜水艦兵装] 熟練聴音員+後期型艦首魚雷(6門)
--------------------------------------------------------------
主力艦隊第一群(6~20位)
●[海外新型夜戦] F6F-5N new!
●[海外夜戦] F6F-3N new!
●[艦橋兵装] 15m二重測距儀+21号電探改二
--------------------------------------------------------------
主力艦隊第二群(21~100位)
●[海外夜戦] F6F-3N x2 new!
●[艦橋兵装] 15m二重測距儀+21号電探改二
--------------------------------------------------------------
主力艦隊第三群(101~500位)
●[海外夜戦] F6F-3N new!
●[艦橋兵装] 15m二重測距儀+21号電探改二
--------------------------------------------------------------



F6F-5N



対空:+10
対潜:+5
索敵:+3
命中:+3
回避:+3
半径:5


F6F-5Nは新カテゴリの夜間戦闘機です。
火力以外はF6F-5の上位互換です。
ここまで性能が高くなると、烈風の立場がありませんね。史実を考慮すると、やっぱり仕方がないですが。

そのうちに、これも改修可能化しそうですね。
そうなれば対空値は+12になるので、せっせと量産してきた零戦52型(熟練)改修MAXの出番も無くなっていきます。

対潜値があるのは、潜水艦は夜になると浮上する(映画の「真夏のオリオン」や「出口のない海」などを参照されたし)から、そこを狙って機銃掃射できるからではないでしょうか。
20mm機銃とは言え、潜水艦に少しでも穴が開けば、あっという間に浸水してぶっ壊れてしまいますし。
そういったことを考えると、夜戦で潜水艦に大ダメージを与えたりして?(まさかね)



F6F-3N




対空:+8
対潜:+4
索敵:+2
命中:+2
回避:+3
半径:5


これも火力を無視すれば、F6F-3の上位互換です。
F6F-5Nに比べるとやや対空値が低いのが気になりますが、夜間戦闘機なので、それだけでも希少価値はあります。
おそらく、この装備もいずれ改修可能になると思います。
改修更新で上位のF6F-5Nになるでしょう。



感想




今回のランカー報酬は全員に大和電探とF6F-3Nが配られたようで、ランカー提督からの評価は上々な模様。


巷では、サラトガ改二がこのF6F-5NとF6F-3Nを持ってくると言われていますが、私はそうは思いません。
サラトガ改二が持ってくるのは普通のF6Fで、F6F-5NとF6F-3Nは新型航空兵装資材を使用したF6Fなどの改修更新で手に入るものだと予想しています。
もちろん、難しい任務をクリアしてF6F-5NかF6F-3Nが手に入る可能性も考えられます。(サラトガ改二の予想される性能を考えると、多分5-5でS勝利2回とかなんだろうなあ。)


よってイベントで配られた新型航空兵装資材は、航空機を夜間活動可能化させるためのものではないかと思います。
史実でも零戦の夜間戦闘機型があったようですし、新型航空兵装資材を使用して夜間戦闘機以外にも夜間攻撃機や夜間爆撃機などの実装も考えられます。(最悪、史実に無くてもif実装してしまえばいいですしw)


何にせよ、その性能や効果、使用方法などは次のメンテで明らかになるでしょう。
次のメンテではサラトガ改二も予想されますし、とても楽しみですね。
レベルは十分なので、勲章を4つ用意して待機しておきます。


2017年10月11日追記
7月ランカー報酬で実装された夜間戦闘機を使ってみた感想はこちら。
関連記事


シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事