HOME > 精神医学・心理学 > 自律神経失調症について簡単にまとめました

自律神経失調症について簡単にまとめました


自律神経失調症について.jpg



今日は自律神経失調症について簡単にまとめました。





自律神経失調症の概要と症状



自律神経失調症とは、体内の自律神経系の不調が原因で起こる様々な症状を指します。


自律神経系とは、人間の体で無意識的に行われる動作(発汗、食べ物の消化、血管を収縮もしくは拡張など)を管理している神経系のことを指します。
自律神経系は交感神経と副交感神経の2つに分かれます。
交感神経は心拍数や血圧を上げ、緊張や集中させるアクセルの役割を行い、副交感神経はリラックスさせるブレーキの役割をします。
自律神経失調症はこの交感神経と副交感神経のバランスが崩れる(どちらか片方が一方的に優位になってしまう)ことにより、無意識的に行われている体の動きが損なわれる病気です。



自律神経失調症の症状は多岐に渡ります。
動悸、体の震え、頭痛、吐き気、倦怠感、不眠、立ちくらみ、免疫力の低下、イライラ、被害妄想、焦燥感、鬱状態など。
身体的な症状に加え、精神的な症状も含まれます。
また、交感神経が優位になり続けると些細な事で攻撃的になったり、イライラしたりしてしまいます。
逆に副交感神経が優位になり続けると注意力が散漫になり、やる気がなくなります。



自律神経失調症の原因




交感神経が優位の場合と副交感神経が優位の場合とで分かれます。


交感神経優位の場合

・睡眠時間が短く、寝付きが悪い
・血圧が高い
人間関係や仕事でストレスを抱えている
・せっかちである
・お酒やタバコをよくやる




副交感神経優位の場合

・夜しっかり寝ても、昼間も眠い
・血圧が低く、朝の目覚めが悪い
日常生活で刺激があまりない
・のんびり気長に待っていられる
・気持ちの切り替えが難しい




ポイントは日常においてストレスがかかっているか、そうでないかです。
常に強いストレスにさらされていると交感神経が優位になり、逆にほとんどストレスがない平坦な生活を送っていると副交感神経が優位になってしまいます。




自律神経失調症を治すには




自律神経失調症は自律神経系である交感神経と副交感神経のバランスが崩れることによって発症します。
治すには交感神経と副交感神経のバランスを取る必要があります。
とりわけ日中は交感神経が、夜間は副交感神経がやや優位になっている状態が理想です。

日中は交感神経を優位にさせるため、適度に歩いたりするなどの軽めの運動を行い、
夜間は副交感神経を優位にさせるため、アロマテラピーやヨガなどを行いリラックスしましょう。

自分の力で解決できない場合は、心療内科や精神科へ受診しましょう。
医師による薬物療法で症状が収まる可能性もあります。



参考文献





シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事