HOME > 精神医学・心理学 > 社交不安症について簡単にまとめました

社交不安症について簡単にまとめました



20.jpg



人と接することに強い不安や恐怖を感じ、日常生活が困難にある病気、それが社交不安症です。
今日は社交不安症について調べたことを簡単にまとめました。






社交不安症とは何か




社交不安症(もしくは社交不安障害)とは、人と接する場面で強い不安を感じてしまい、人前に出たり、人と接したりすることを避けてしまう病気です。

一見、人と接することに不安を抱える点では回避性パーソナリティ障害に似ていますが、社交不安症は回避性パーソナリティ障害と違って、緊張や発汗、吐き気や頭痛などの具体的な症状が出ます。
社交不安症は「本人の性格」ではなく、「症状」です。
医療機関で適切な処置を施さなければ、ますます症状が悪化し、日常生活への影響が大きくなる可能性があります。


つい最近まで呼ばれていた「対人恐怖症」は、社交不安症の昔の病名です。
また、社交不安症は患者によっては症状が異なることから、「赤面恐怖症」「視線恐怖症」などと呼ばれることもあります。


社交不安症の症状




人に対して不安がある、対人不安
人前で顔が赤くなるのが恐い、赤面恐怖
人前で話すのが恐い、スピーチ恐怖
電話の相手に対して不安や恐怖を感じる、電話恐怖
人の視線が気になって恐怖を感じる、視線恐怖


など、枚挙に暇がありません。
これらに共通している原因は、「人からどう見られるか、どう思われるか」という自分の外見的評価を気にしすぎていることにあります。
人の外見的評価を気にしすぎることで、人に対して恐怖心が生まれ、次第に人と接触することを拒むようになります。
社交不安症の人は上記の症状により、学校や職場に行けない、外に出られないなど、日常生活に支障が出る場合があります。


また、社交不安症の人は「自分の不安や恐怖心を、他人に知られないように上手く振る舞わないといけない」という強い思い込みがあります。
その強い思い込みにより、少しでも人前で顔が赤くなったり、手が震えたりするなどの不安症状が出ると、動揺してしまいます。
動揺を隠そうとして相手に目を合わせなかったり、うつむいたりしてしまいますが、かえってその行動が他人の目を引いてしまうこともあります。
結果的に、不安や恐怖、緊張などがひどくなり、手の震えや赤面などの症状も悪化してしまいます。



社交不安症を治療するには




社交不安症は医療機関で治療してもらうことが一番効果的であるとされています。
しかし社交不安症の人は、医療機関への電話や、医師と接触するも不安に感じ、受診は困難です。
家族や、信頼できる人の手を借りて、受診するようにしましょう。



関連記事


参考文献




シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事