HOME > 艦これ・軍事 > 【艦これ】2017年夏イベ、予想してみる

【艦これ】2017年夏イベ、予想してみる



夏イベ予想.jpg


運営のTwitterでツイートがあったとおり2017年夏イベが始まる時期がやって来ました
今回も最近のメンテなどを考慮して、しっかり夏イベの予想をしようと思います。
艦これのイベントを予想する、この瞬間こそ艦これで一番の楽しみですね。ワクワク感が段違いです。


注)この記事はあくまでも個人の意見です。




序盤海域は対潜マップ



次のイベントもこれまで通り序盤海域は対潜マップになるでしょう。
前回の春イベで、海防艦が三隻実装され、先制対潜攻撃可能な軽空母として大鷹もいますし。


しかしながら、海防艦などの実装により、これまでと同じような難易度の対潜マップにはならないと思います。
おそらく敵はかなり強化されているでしょう。
例えば道中で潜水棲姫が登場して、開幕雷撃したりして。
ボス戦でも、ただ単に潜水艦を並べているだけじゃなくて、重巡とか戦艦とかを随伴艦に置いていて、対潜艦を執拗に狙って攻撃してくるかもしれませんね。
そうなると、海防艦よりも装甲や回避性能で優れている駆逐艦や軽巡にも出番があるのではないでしょうか。
戦術の多様性から考えて、運営も安易に海防艦一択みたいな海域は作らないと思いますし。
艦隊の軽巡、駆逐、海防艦の数でそれぞれルートが変わるような感じになるのかなと。

何にせよ、先制対潜攻撃可能な艦は複数用意しておいたほうが良さそうです。
それから爆雷を持っている提督は、ソナー+投射機+爆雷を装備した艦の対潜攻撃の威力が上がることもお忘れなく


陸上型のボスが出る


陸上攻撃兵装


前回の春イベの終了時のメンテで長門改二が実装されました。
長門改二はアイオワ改よりも火力が優れ、三式弾と内火艇を同時に装備できることから、強力な陸上攻撃が期待できます。
先のメンテでは新たに大発装備可能な軽巡である由良改二が実装されました。
イベントに挑戦するほとんどの提督は大発装備可能なハイレベルな艦をいくつか持っているのではないかと思われます。


だから、それなりに強い陸上型のボスが出てきてもこれと言って問題はないでしょう。
むしろwikiのコメント欄を読んでみると、長門改二の威力を試したい提督が一定数いるようにも見えます。
副砲2つとWGと内火艇を装備でき火力も高いコマンダンテストもお忘れなく。


PT子鬼群が出る



先のメンテで、軽巡だけでなく、駆逐艦までフィット砲が実装されましたね。
攻撃の命中率の向上が期待できることから、それに合わせて次のイベントでPT子鬼群が出て来る可能性も浮上します。

PT子鬼群は通常の艦よりHPが低いかわりに回避値と雷装値が極端に高く、砲撃戦で全て沈めきれないと雷撃戦で簡単に中大破されてしまうほどの脅威です。
初めてPT子鬼群がイベントに実装された頃は、その強さから処理が大変だったようです。

しかし、今こうして駆逐や軽巡にフィット砲が実装され、昔よりも装備の改修が一般化してきた今となっては、それほど恐るべき敵ではないでしょう。
おそらく水雷戦隊マップか輸送マップで登場するのではないかと予想しています。


輸送マップはあり



由良改二が実装され、由良改二の任務でまた大発が手に入れることが出来ましたし、もう輸送マップがあっても特に問題はないかと思います。
私の鎮守府でも、こないだようやく遠征をする分だけの大発が手に入りましたし。
イベントに挑戦している提督の中で、大発を一つも持っていない提督はほとんどいないでしょう。

ただ、前回の春イベの輸送マップであるE2のボスは丙作戦でもかなり強力で、幸運艦の魚雷カットインを利用しないと倒せなかったことから、おそらく修正してくると思います。
最近は任務で勲章を配るなどして初心者への配慮をしているやさしい運営のことですから、丙作戦はやさしめに設定すると予想しています。(多分


低速艦でも活躍できる




前回の春イベでは低速艦でも活躍できる海域が、従来のイベントよりも比較的多く、低速艦嫁提督からの評価は上々でした。
次の夏イベも低速艦への配慮をすると思われます。
長門改二が実装されましたし、特に陸上ボスマップでは低速艦が含まれる際のペナルティは少ないか全く無いでしょう。

とは言え、低速艦もタービンと缶を使えば高速化出来る今のシステム上、難易度の高い甲作戦に限り低速ペナルティがあるかもしれません。(甲提督は丙提督よりも補強増設を使用しているから)

念のために、今手元にある補強増設は使わずにとっておくほうが良いでしょう。


報酬艦もしくはドロップ艦に米艦実装



おそらく、次の夏イベが終了したらサラトガ改二が実装されるでしょう。
サラトガは去年の秋イベに、最終海域突破報酬として実装されて以来、本実装はまだ行われておりません。
よって、サラトガを所持している提督は限られています。
そんな限られた提督しかサラトガを持っていない中、改二実装をするのはいつもの運営ではないと思います。(Zaraのときも大型建造落ちしましたし。)
きっと、何かしら未所持の提督向けにサラトガを建造落ちにするか、次の夏イベのドロップ艦として実装される可能性があります。
前者なら建造のカギになるアメリカ駆逐艦が実装されるでしょう。
サラトガが建造落ちしたら、そのうちアイオワの建造落ちも見えてきます。
しかし、アイオワの場合は装備が強すぎるので、量産は無理そうですね。

なんにせよドイツ艦、イタリア艦が続けて六隻実装されましたし、おそらくアメリカ艦も六隻実装されることでしょう。




2017年8月5日追記


どうやら、次の夏イベの作戦は西方作戦だそうなので、アメリカはあまり関係なさそうですね。(残念)
次の夏イベの西方作戦。東南アジアを超えて、インド洋からスエズ運河辺りまで戦闘するなら、イギリス、フランス、イタリア辺りの新艦実装が濃厚でしょうね。
特に東南アジアからインド周辺を植民地にしていたイギリスとフランスが中心になるでしょう。
イタリアはすでに6隻あるからもしかしたら来ないかもしれません。地理的にスエズ運河抜けると出そうですけどね。


現段階ではソードフィッシュがランキングで配られたことから、イギリス空母はほぼ確定でしょう。
それ以外には、インド洋付近で羽黒の迎撃に来たフランス海軍のリシュリュー辺りが実装されるのではないかと思っています。(その場合羽黒は特効艦になる?)
運営のツイートから新規実装確定になった駆逐、空母、戦艦。この内の戦艦枠はリシュリューではないでしょうか?
フランス艦はコマンダンテストの一隻しかないですし、リシュリューの性能的にも大規模作戦の報酬として申し分なさそうですし。



アメリカ駆逐艦はイギリスにレンタル(?)された艦が実装ということでサラトガの建造落ちのカギになるでしょう。
それと残念ながら、次の夏イベでのアイオワのドロップはさすがに望み薄だと思います。ワシントンまで侵入すれば可能性はある?



潜水艦隊マップがあるかも



2017年7月22日追記

完全に忘れていました。
2017年冬イベで潜水艦が主役のイベントが始まり、前回の春イベでも潜水艦があればやや有利に攻略できた海域がありました。
次の夏イベは大規模作戦ですし、おそらく潜水艦隊マップもしくは潜水艦がいれば多少攻略が楽になる海域が実装されるでしょう。
ボス前で索敵値を要求される場合もあるので、スロットの多い伊13、伊14を重点的に育てておいたほうが良いでしょう。
乙作戦ならレベル70ぐらいで十分かな?


潜水艦を育成するなら、5-4か演習がおすすめです。
5-4道中の敵はそれほど強くない割に経験値が多いので、潜水艦のレベリングにうってつけです。
あ号作戦とろ号作戦の消化も出来なくもないです。
演習の場合、相手が戦艦空母だけの艦隊なら、育成艦が低レベルでも確実に勝てます。
ネジが一個もらえる、演習勝利20回のウィークリー任務も簡単にこなせます。




夏イベまとめ




以上の予想から、夏イベに向けてすることは以下の通りです。

・対潜艦の育成
・長門改二と陸上攻撃兵装の準備
・中口径、小口径主砲の改修
・大発系装備可能艦の育成

・伊13と伊14の育成



2017年7月6日追記


運営のTwitterから、夏イベは大規模作戦であると発表がありましたね。
もしかしたら、アイオワ実装時のイベントである2016年春イベ並の難易度になるかもしれません。
大規模作戦はその時の春イベ以来ですし。

大規模作戦となると、やはり気になるのが報酬艦。
私は少なくとも一隻は強い戦艦や空母などの大型艦が報酬として実装されるのではないかと睨んでいます。
どうあれ、次の夏イベだけはどうしても完走しておきたいですね。
今のうちに艦隊の練度と提督用装備「折れない心」を鍛えておきます。

それから、運営のTwitterによるとイベント開始は8月上旬だそうなので、イベント前に忘れずにEOを割っておきましょう。
サラトガ改二は改装設計図を使用する可能性は高そうですし。




最後に下記のアンケートに回答いただければ幸いです。(一人一回)

2017年8月7日、投票数が十分集まったので締め切りました。

投票結果

やはり、大規模作戦だからか、丙作戦で確実に完走する派が一番多いようです。
意外だったのが大規模でも甲作戦を選ぶ命知らずな冒険家提督が19人もいることです。
ちなみに私は乙作戦で行く予定です。報酬と難易度のいいとこ取りをします。





シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事