HOME > 艦これ・軍事 > 艦これ2017年6月23日メンテ感想

艦これ2017年6月23日メンテ感想



遂に由良改二が実装されましたね。
由良提督の皆さん、おめでとうございます。

私の鎮守府では母港枠の関係上、由良を確保していないので、まずは建造するところから始まります。
と思ったらあっさり建造できちゃった。さっそくレベリングを始めます。夏イベに間に合うと良いなあ。

由良





由良改二の実装



今回のメンテの目玉は何と言っても由良改二の実装でしょうね。
驚くべきはその性能。
Wikiによると、甲標的、大発、内火艇、熟練艦載機整備員、水上戦闘機、水上爆撃機などが装備可能です。
さらに補強増設には8cm高角砲改+増設機銃が装備可能で、防空面での活躍が期待できます。


しかし、これだけなんでも出来る由良改二ですが、パラメーターはやや控えめな模様。
火力と雷装は低く、夜戦やイベントの最終海域などでの活躍はあまり期待しないほうが良いかもしれません。

むしろ、なんでも装備可能なところを活かした方が良いでしょう。
水爆や甲標的を装備して攻撃の手数を増やし敵の頭数を減らすもよし、大発を満載させて輸送作戦で活躍させるもよしです。



よって由良改二は様々な種類の装備が可能なことから、提督の采配が試される艦であると言えるでしょう。



軽巡フィット砲の実装




阿賀野型(?)に15.2cm連装砲のフィット特性が追加され、攻撃の命中率が上がるようです。
それだけでなく、今回のメンテで軽巡のフィット砲関係の調整が行われた模様。

これまでは、火力が高い重巡用の20cm中口径主砲(2号砲や3号砲など)を載せていれば良かったようですが、
これからは何も考えずに20cm砲を搭載させればいいというわけではなさそうです。


もしかしたらこの命中率上昇補正により、夏イベの水雷戦隊マップではPT子鬼群が出るのではないかと思っています。




改修可能装備の追加




瑞雲や15.5cm三連装砲などが新たに改修可能になりました。
また、15.5cm三連装砲は改修を重ねることにより、15.5cm三連装砲改、15.5cm三連装副砲改などに改修更新可能です。
15.5cm三連装砲を改修更新する際に新型砲熕兵装資材を消費します。

今後は新型砲熕兵装資材の需要が増していくと思います。
とは言え、15.5cm三連装砲と改修更新後の15.5cm三連装砲改とはあまり性能が変わらないので無理して改修更新する必要はなさそうです。


新任務



今回も報酬として勲章が選べる任務が充実しています。
改装設計図にする勲章が不足している私の鎮守府では全力で歓迎します。


勲章任務


電探技術の射撃装置への活用
民生産業への協力


いずれも工廠での装備の廃棄により、報酬として新型砲熕兵装資材か勲章を選択する任務になっています。
電探も小口径主砲も余っているのであっという間に任務クリア、勲章を2つもいただきました。
滞っていたイタリア戦艦二隻の改造もそのうち終わりそうです。


旗艦「由良」、抜錨!

今回実装された由良改二の出撃任務です。
まだ由良は手に入れたばかりで、この任務をクリアするまでにかなり時間がかかりそうです。
しかし課金かイベントのクリア報酬でしか手にはいらない、補強増設が手に入るので、ぜひともレベリングを頑張ってクリアしたいところです。
正直言って、最近の艦これでは補強増設が無いと厳しくなってきているような気がします。
ダメコン進撃という意味ではなくて、バルジや機銃の話です。



メンテ感想のまとめ




阿武隈改二や鬼怒改二よりもなんでも出来る由良改二の実装により、戦術の幅が大きく広がったようです。
また、軽巡におけるフィット砲の特性が変わったことなども含め、仕様が複雑になり、初心者側から見た艦これのハードルがまた上がったように思えます。

とは言え、今回もそんな初心者提督向けに簡単な任務で、報酬として勲章を配るなどの配慮はしているようです。
運営としては、上級者提督を逃さず、初心者提督向けにも配慮した、みんなに優しい艦これにしたいのではないかと考え、記事をシメとさせていただきます。




シェアボタン

スポンサーリンク


関連記事