HOME > 考え方の問題

あなたが欲しいのはお金?それとも人の心?

  お金があれば幸せになれるのでしょうか? 断じてそのようなことはありません。 しかし現代人のほとんどは「お金」「お金」と必要以上に求めています。 実際に心を軽んじ、お金を重んじた結果、毎年大勢の社会人が自殺しています。 この記事では、人間にとって大切なものは人の心であり、お金が心を上回ることはないことをまとめました。 目次 お金があっても心が歪んで弱っているようでは意味がない お金は心...

続きを読む

矛盾だらけの世の中に対する考え方

  タバコは害になるとパッケージに書いておきながらタバコを販売する企業。 飲酒運転は違法であると言っておきながら酒全体を取り締まらない法律。 法治国家をうたいながら、義務教育で道徳の授業を必修にする日本。 銃乱射事件が立て続けに起きたにも関わらず、銃規制を全くしないアメリカ。 まだまだあります。この世の中は矛盾だらけです。 矛盾が矛盾を生み、矛盾であふれかえるこの世界。 我々が、矛盾に対してどう考...

続きを読む

社会に対して恨みや憎しみを抱いてはいけない理由と対処法

この社会に対して恨みや憎しみを抱いてはいけません。 たとえ自分が正しくて、社会が間違っていたとしてもです。 この記事では、社会に対して恨みや憎しみを抱いてはいけない理由と対処法をまとめました。 目次 理由1:恨みや憎しみの心は人から人へ伝わっていくから 理由2:社会はそう簡単には変わらないから 対処法:社会を変えるのではなく、自分を変える まとめ 理由1:恨みや憎しみの心は人から人へ...

続きを読む

大学や企業が必ずしも不要だとは言えない

  よく有名起業家や評論家が、「ほとんどの大学や企業は不要である」と声を大にして、大学不要論、企業不要論を掲げています。 本当に不要なのでしょうか? 私は、そう思いません。 この記事では大学や企業が必ずしも不要だとは言えない理由を説明します。 目次 大学や企業が無かったら不要論すら語れない 不要論を語るのは時期尚早 不要な人や物は存在しない まとめ 大学や企業が無かったら不要論...

続きを読む

最終的には自分を優先するべき3つの理由

心を酷使すると歪みます。 歪んだ心を元に戻すには、気が遠くなるような時間と力が必要になります。 特に生真面目で、思いやりのある人こそ危険です。 生真面目さ、思いやりの心を大事にしたいなら、自分を優先して、いたわることも考慮しましょう。 自分を優先することは必ずしも悪いこととは限りません。 この記事では、最終的には自分を優先するべき3つの理由をまとめます。 目次 その1:自我枯渇のリスクがあるから ...

続きを読む

毒舌キャラはただの豆腐メンタル

テレビを見ているとよく出てくる、毒舌キャラを売りにした芸能人。 そんな人を見ていると、なんとまあかわいそうにと思います。 自分から豆腐メンタルであることを公の場で晒しているようなものですから。 この記事では、毒舌キャラはただの豆腐メンタルであることを証明します。 目次 毒舌キャラは自分の心の弱さを隠しているだけ 心が荒んだ人の発する言葉は荒んだものばかり 人は自分の心を写す鏡、自分は人の...

続きを読む

命だけではなく心も一番大切である

命よりも優先させるべきものはない、命は何よりも尊いものである。 と言われていますが、私はそうは思いません。 命は確かに大切ですが、同様に心も大切であると考えます。 私は、心があってこそ命が存在するものだと考えます。 この記事では、いかに心が重要なものであるかをまとめました。 目次 命は有限、心は無限 心が歪むとき、命が消える 心は永久に不滅 まとめ 命は有限、心は無限 命はご存知の通り...

続きを読む

ニートや無職でも生きやすくなるには

社会的な立場上、いつも一番肩身の狭い思いをするのが、無職やニートといった人たちです。 私は少なくとも、社会に出て働くことだけが偉いとは限らないと思います。 しかし理屈の通用しない世間や社会といったものは、情け容赦が無く、このような社会的弱者に怒りの矛先を向けます。 彼らの言葉を交わすには、私達が自ら行動を起こし、過激な発言にも決して折れることのない、しなやかな考え方と心を持つ必要があります。 そこで...

続きを読む

発表会や自己紹介などの緊張する場面で覚えておきたいこと

卒論の発表会、皆の前で行う朝礼や自己紹介、取引先との電話。 極度の緊張状態により心が痛むことは、私を含めメンタルが弱い人間にとってよくあることです。 しかし、心がけ一つである程度対策は出来ます。 そこで、この記事ではメンタルの弱い人が、発表会や自己紹介などの緊張する場面で覚えておきたいことを紹介します。 目次 緊張するのは相手に敬意がある証拠 四六時中、失敗したあなたのことを考える人はほとん...

続きを読む

問題を先送りにして、明日からやる勇気を持とう

世間では「明日やろうはバカヤロー」「善は急げ」「先んずれば人を制す」「いつやるか、今でしょ」などと言い、日本人をせっかちにさせています。 本当に今すぐやれば成功するのでしょうか?私はそうは思いません。 急いでやっても失敗することだってあります。 そこでこの記事では、「今すぐやるリスク」と「明日からやるメリット」について紹介します。 目次 「今日やる」、「今すぐやる」がストレスになる 明日か...

続きを読む